一覧 検索 最終更新 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

NEC Express5800/S70 タイプSD/BIOS復旧手順 のバックアップの現在との差分(No.1)


[[NEC Express5800/S70 タイプSD]]
 
 BOOT BLOCK はPC の起動(Boot)に必要な最小限のデバイスであるCPU,メモリ,ビデオカードおよびフロッピーディスクを構成する機能をサポートします。
 BIOS のBOOTBLOCK 以外の領域はSYSTEM BLOCK と呼ばれ,ここにM/B の持つ色々な機能をサポートするプログラムが格納されます。新CPUへの対応、バグフィクス等、一般にはこの部分が更新の対象になります。
 
 
 この部分が破損すると,以下に述べるBIOS の回復方法は適用できません。
 
 
 -AMI BOOT BLOCK BIOS の修復
 ''AMI BOOT BLOCK BIOS の修復''
 
 AMI BIOS のBOOT BLOCK には,BIOS Recovery Routine と呼ばれるプログラムが内蔵されています。次の手順で破損したBIOS を修復できます。
 正常にアクセス可能な3.5 インチ1.44MB フロッピーディスクを1 枚準備する
 ロードすべきBIOS ファイルをこのフロッピーディスクにコピーする
 コピーしたBIOS ファイルを「AMIBOOT.ROM」にリネームする
 PC を起動し,準備したフロッピーディスクをドライブに挿入する
 FD ドライブのアクセスランプが点滅し,アクセス音が聞こえることを確認する
 約4 分後にビープ音(4 回繰返し)が聞こえる(内蔵スピーカーが正常に動作していない場合は,当然聞こえない。この場合は,FD アクセスが全くなくなるまで待つ)
 フロッピーディスクを抜いて,PC を再起動する
 正常起動しなければ,BIOS ファイル名を再点検し正当であることを確認して 1. に戻る
 -あらかじめBIOSイメージの保存をしておく(参照http://wiki.nothing.sh/1995.html)
 -2GB未満のUSBメモリを準備する(4GBのUSBメモリを2GB領域に分けても可能かどうかは不明)
 -USBメモリをFAT16でフォーマットし、AMIBOOT.ROMをこのUSBメモリにコピーする
 -準備したUSBメモリをPCに挿入し起動時にCTRL+HOME連打
 -USBメモリのアクセスランプが点滅し,読込みが行われていることを確認する
 -ビープ音が1回鳴った後、モニタにBIOS書き換え中の表示(英文等?)が20秒前後続く
 -書き換え終了後、自動でPCが再起しNECの起動ロゴが表示され正常に起動する
 -正常起動しなければ,BIOSファイル名、USBメモリ容量が2GB以内かどうか、フォーマットがFAT16かどうかを再点検し最初の手順に戻る
 
 正常起動すれば,BIOS の修復は完了です。
 正常起動すれば,BIOSの修復は完了です。
 
 この操作には,IO チップがサポートする3.5 インチFD ドライブのみが有効です。USB フロッピーディスクドライブは使えません。
 

(HTML conversion costs 0.003 sec.)