リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

I-O Hack/LANDISK/ハードウェア の変更点


 *ハードウェア [#y0674630]
 |項目|内容|補足|
 |CPU|SH4 266MHz(7751R)|(HD6417380 BP267)|
 |FLASH ROM|512KB|(ST M29W400DB-55N1)R03X434|
 |SDRAM|64MB|(Hynix HY57V561620CT-H x 2) |
 |NIC|10/100Base-T|(RTL8139CL + EEPROM 93C46)|
 |IDE|UDMA133|(ACARD ATP865)コネクタはODD GNDの80芯40PinPATA|
 |USB|USB2.0 A-Connx2|(NEC D720101GJ)|
 |RTC|CR2032バックアップ|(RICOH RS5C313/SPI)|
 
 *シリアルコンソール [#s73f436c]
 **HDL-U(HDL-1/HDL-2基板)/USL-5P [#ke49f49b]
 |~No|CENTER:信号|h
 |~1|3.3V|
 |~2|TxD|
 |~3|RxD|
 |~4|GND|
 -三角のシルク印刷が、1番ピン。
 -基板上での位置はCN7。
 -LANDISKでは前方上側。
 -USL-5Pでは、RTCバックアップの電池の近辺。
 
 **HDL-F/LAN Tank/HDL-UW/HDL-AV/GLAN Tank [#f22c1b1a]
 |ピン|信号|h
 |1|3.3v|
 |2|RxD|
 |3|TxD|
 |4|GND|
 |5|NC|
 
 -三角のシルク印刷が、1番ピン。
 -GLAN Tankの出荷時には、1-2番ピンにジャンパが刺さっており、何も刺さっていない場合は、ノイズにより、ブートローダに信号が渡される事で、起動が止まる事があります。
 -SERIAL-KIT装着時にはジャンパは取り外す事。同時に、SERIAL-KITを外す際には戻す事を忘れないように。特に小さなパーツであるため、紛失には注意。
 -5番ピンについては、逆刺し防止のピン。
 -ピンアサインは、同じであるが、基板上の位置は異なる。
 -LAN Tankでは、前方上側。
 -GLAN Tankでは、前方上側、樹脂シートの下。
 -HDL-Gシリーズでは、空冷ファンの近辺を探すと見つかる。
 
 *電源ユニット [#s4aa2e1e]
 **HDL-U/UW/AV/LAN Tank [#g30b05b4]
 -AC側 
 |ケーブル色|ピンNo.|信号|
 |黒|1|入力(AC L)|
 |NC|2||
 |白|3|入力(AC N)|
 |NC|4||
 |NC|5||
 
 -DC側
 |本体側ケーブル色|ピンNo.|基板側出力|
 |NC|1|GND|
 |NC|2|LED出力端子|
 |赤|3|出力1(DC 5V)|
 |NC|4|GND|
 |黒|5|GND|
 |黒|6|GND|
 |橙|7|出力2(DC 12V)|
 |NC|8|出力2(DC 12V)|
 
 -代替品として、スペックとしては机上では問題の無かったSPEC7251の動作が報告されている。
 

(HTML conversion costs 0.004 sec.)