リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

Vintage Technics 愛好会/インテグレーテッドアンプ(プリメインアンプ)/SU-V7 の変更点


 [[Vintage Technics 愛好会/インテグレーテッドアンプ(プリメインアンプ)]]
 
 **Technics SU-V7 仕様 [#f99a02e7]
 |型番|SU-V7|
 |発売年 (発表年)|1980年(S55)|
 |価格|64,800円(標準価格)|
 |回路方式|newclassA方式,シンクロバイアス&リニアフィードバック回路,ストレートDC&BR;コンセントレーテッドパワーブロック採用|
 |定格出力|80W+80W (20Hz〜20kHz 8Ω 0.003%)|
 |全高調波歪率|0.003% (20Hz〜20kHz 定格出力,-3db)|
 |TIM歪|測定不能|
 |出力帯域幅|5Hz〜100kHz (T.H.D 0.02%)|
 |周波数特性 (ストレートDC時)|20〜20kHz (+0dB -0.2dB), 0.5〜150kHz (+0dB -3dB)|
 |S/N比 (IHF-A)|100dB (ストレートDC時)|
 |残留雑音|550μV (ストレートDC時)|
 |ダンピングファクタ|60 (8Ω)|
 |負荷インピーダンス|main or remote:4〜16Ω, main & remote:8〜16Ω|
 |入力感度/入力インピーダンス|MM:2.5mV/47kΩ, MC:170μV/220Ω, tuner aux tape:150mV/27kΩ|
 |phono S/N比|MM:2.5mV入力時:86dB, MC:250μV入力時:68dB|
 |phono 周波数特性|20-20kHz (RIAA±0.5dB)|
 |トーンコントロール|treble:20kHz±10dB, bass:50Hz±10dB|
 |フィルター|high:7kHz (-6dB/oct), subsonic:20Hz (-12dB/oct)|
 |ラウドネスコントロール|VR, -30dB:+9dB (50Hz)|
 |電源電圧|AC100V (50/60Hz)|
 |消費電力|140W|
 |寸法|W:430, H:120, D:362 (mm)|
 |重量|9.5Kg|
  
 ※カタログデータです。
  
 **オーナー、元オーナーコメント [#s527bfe8]
 #ref(SU-V7_C01.jpg,nolink,center)
 - 今だに現役です。スピーカーは、SX-3マーク供なんとも暖かく親しみやすい音です。 -- [[オーティス・プディング]] &new{2008-03-17 (月) 09:42:59};
 - 今だに現役です。スピーカーは、SX-3マーク供なんとも暖かく親しみやすい音です。 -- [[オーティス・プディング]] &new{2008-03-17 (月) 09:43:00};
 - 組み合わせが良い意味で面白い組み合わせですね。SX-3の味+V7の高域きらびやかさが出てそうな気がします。&BR;当時の他の同クラスアンプ(他社含む)の中でも程良く芯のある音になってるのでは? -- [[平面蛙]] &new{2008-06-15 (日) 07:38:20};
 
 #comment

(HTML conversion costs 0.003 sec.)