リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

Vintage Technics 愛好会/カートリッジ/EPC-101C の変更点


 ** EPC-101C 仕様 [#dcd15b21]
 
 |~型番|EPC-101C|
 |~発売年 (発表年)|1978年(S53)|
 |~価格|40,000円(標準価格/実測チャート付)|
 |~形式|MM形ステレオカートリッジ(シェル一体形)|
 |~周波数範囲|5Hz〜50kHz|
 |~周波数特性|20〜10kHz±0.5dB|
 |~出力電圧|1.5mV (2.1mV) ※出力電圧は1kHz5cm/sec,zero to peak水平速度の値です。()内は45℃での値です。|
 |~C.S.|25dB以上(1kHz), 20dB以上(10kHz)|
 |~コンプライアンス|8x10~-6cm/dyne(100Hz)|
 |~負荷抵抗|10kΩ〜1MΩ|
 |~負荷容量|500pF以下|
 |~針圧範囲|2.0±0.3g|
 |~針先|0.2x0.7ミルダエン針、0.15ミリ角ブロックダイヤ|
 |~重量|19g|
 |~交換針品番|EPS-101ED/標準価格28,000円&BR;(EPS-ED2,EPS-100ED,EPS-101EDも使用可)|
  
 ** オーナー、元オーナーコメント [#p0f6da20]
 
 - 記事は後ほど・・・ -- [[平面蛙>flat-frog@hotmail.co.jp]] &new{2007-08-21 (火) 08:06:01};
 - Hi, thanks for information ...., please visit ..http://www.freewebs.com/mondaca/ -- [[mondaca]] &new{2007-08-23 (木) 10:12:39};
 - テクニクスの持てる技術をすべて投入した100シリーズのローコストモデル。101Cを単に100Cの廉価版とする情報が多いですが、非常にデリケートな100Cをプロ用として耐久性をリファインしたモデルです。音は超高分解能の極致ともいえる100Cの直系ですが、特性重視の100Cよりも音に力があり、一般用としてはむしろこちらの方がおすすめです。内容からすると非常にコストパフォーマンスが高いです。  -- [[op]] &new{2012-11-05 (月) 14:25:18};
 - TTDD(テクニクスが開発した)を採用しているシェル一体形MM型カートリッジ。一般的なブチル系ゴムに比べ、温度依存性を約1/3に改善し、しかも優れた粘弾性を持ち、カンチレバーの支持性能に優れたダンパー材。これによって、室内の温度変化による音質変化やトレース性能の劣化などが殆どなし。 -- [[OPPP]] &new{2012-11-07 (水) 23:59:03};
 

(HTML conversion costs 0.004 sec.)