リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
スクリプト配布サイト1 
http://wiki.nothing.sh/3517.html

█ スクリプト配布サイト1

Last-modified: 2017-11-17 (金) 19:46:28 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/3517.html / add to hatena bookmark 1(1) users / add to livedoor clip - users

 

スクリプトを作成・配布しているサイトその1

MozillaZine内userChrome.js スレ

Gozer.org: Mozilla: userChrome.js

  • UserScripts.uc.js
    • JavaScript ALA Greasemonkeyを使用してWebページをカスタマイズする
  • pluginManager_mb.uc.js
    • チェックボックスを置くプラグインマネージャ拡張モジュールのためのアドオン。
  • dmHandler.uc.js
    • 制御クリックで外部ダウンロードマネージャへのリンクを送信。(ポップアップウィンドウでの.nfoと.txtファイルを閲覧するのを除く)

こんなに月も紅いのに

SCRAPBLOG (xuldev.org)

  • TabPreview.uc.js
    • タブ上にマウスをかざすと、サムネイルプレビューをリアルタイムに表示します。
  • CopyTabInfo.uc.js
    • タブの右クリックメニューからタイトルとURLをコピーできるようにします
  • SearchClipboard.uc.js
    • 検索エンジンボタンをミドルクリックし、クリップボード内の文字列で検索
    • メニューの検索エンジンをミドルクリックし、クリップボード内の文字列で検索
  • PrivateToolMenus.uc.js
    • Cookie・パスワード・証明書を管理するウィンドウを表示する項目をツールメニューに追加
  • RestartFirefox.uc.js
    • Firefoxを再起動する項目とショートカットキーをファイルメニューに追加

Days on the Moon

  • context-encoding-menu.uc.js
    • コンテキストメニューに「文字エンコーディング」メニューを追加する
  • Middle Click and Go
    • URLバーを中クリックでクリップボード中のURLへ移動
    • 検索バーを中クリックでクリップボード中の文字列を検索
    • 検索バーのポップアップメニューを中クリックでクリップボード中の文字列を特定の検索エンジンで検索
  • history-scroller.uc.js
    • マウスボタンプレス中にホイールスクロールでタブの履歴をポップアップ。TabScroller から履歴機能を抜き出したもの。

鳥獣保護区

Zoolcar9 / LouCypherIndex of /mozilla/userChromeJS

  • copyFeedURL.uc.js
    • 閲覧ページのフィードのURLをコピーするための項目を、フィード追加ボタンのコンテキストメニューに追加

もか日記

alice0775's Profile - GitHubalice0775/userChrome.js - GitHub

  • userChrome.js (alice0775版Sub-Script/Overlay Loader)
    • uc.jsファイル(プロファイルのchromeフォルダ以下の階層にある)やuc.xulファイルを全て読み込む
    • alice0775版Sub-Script/Overlay Loader自体は、プロファイルのchromeフォルダ直下に配置する
    • スクリプトを読み込まない場合は、USE_0_63_FOLDERの値をtrueからfalseに変更する
      • Firefox8以降は、コマンドラインオプションに「 -purgecaches」を付けて起動する(または拡張機能を切り替える等して再起動でもよい)
    • userChromeJSでも利用可能。userChromeJS単体では複数のuc.xulファイルを読み込めない。複数のuc.xulファイルを読み込ませたい場合はSub-Script/Overlay Loaderを使う必要がある。
  • rebuild_userChrome.uc.xul
    • uc.jsファイルやuc.xulファイルのキャッシュを消去して新しいウィンドウで再読み込みする
    • userChrome.js・uc.jsファイル・uc.xulファイルの有効/無効を切り替える
    • userChrome.js必須
  • conqueryModoki4.uc.xul
    • 文字列選択>コンテキストメニュー>「Query to(Q)…」
      • 「Query to(Q)…」から検索エンジンをクリック ⇒ 文字列を検索
      • 「Query to(Q)…」をダブルクリック ⇒ 標準の検索エンジンで検索
      • 「Query to(Q)…」をホイールクリック ⇒ 全ての検索エンジンで
    • 文字列選択>コンテキストメニュー>「Query to(Q)…」>検索エンジン上で
      • ホイールクリック→クリップボード内の文字列で検索
      • 右クリック→タブをフォーカスした状態で開き検索
      • Shift+左クリック→ダイアログで確認
      • Shift+Ctrl+右クリック→ダイアログで確認
      • Ctrl+右クリック→クリップボード内の文字列で検索
    • 文字列選択>検索バーの検索エンジンのアイコン上で
      • 右クリック→検索バーの検索文字列を消去
      • ホイールクリック→クリップボード内の文字列で検索
      • 左ダブルクリック→Firefox標準の検索エンジンに切り替える
      • Shift+左ダブルクリック→検索バーに「 +」と選択文字列を追加
      • Ctrl+左ダブルクリック→検索バーに「 」と選択文字列を追加
      • Alt+左ダブルクリック→検索バーに「 -」と選択文字列を追加
      • Shift+Ctrl+左ダブルクリック→検索バーに「 site:」と閲覧ページのホストを追加
  • ucjsPermission2.uc.xul
    • コンテキストメニューから各種パーミッションをドメイン別に設定可能にする
  • ucjsPermissionPreferences2.uc.xul
    • Firefoxのオプションから各種パーミッションをドメイン別に設定可能にする
    • 000-windowhook.uc.js必須
    • Fx23以降はJavaScript系機能を切り替える項目とボタンが表示される(SettingSanity代替)
  • autoCopyToClipboard.uc.js
    • AutoCopy代替用
    • 選択した文字列をクリップボードへ自動的にコピーする
    • ツールメニューの「Auto Copy toggle」やCtrl+Shift+Cの入力、about:configの「clipboard.autocopy」で有効・無効を切り替え可能
    • YOURKEYINSPEED:
      • Shiftキーを押しながら方向キーやHome/Endキーを入力して文字列を選択した時に文字列をコピーするまでの時間(ミリ秒)
    • YOURCLICKSPEED:
      • クリック後に選択した文字列やダブルクリック/トリプルクリックで選択した文字列をコピーするまでの時間(ミリ秒)
    • ucでは動作しない
  • FullScreen.uc.js
    • ツールバーのコンテキストメニューに全画面表示用の項目を追加
    • ツールバーのコンテキストメニューを開き"Full Screen"をクリックする
  • tabDblclick.uc.js
    • タブの中央をダブルクリック → スクロール位置を保持した状態でタブを再読み込み
    • タブの中央をAltキーを押しながらダブルクリック → キャッシュとプロキシを無視してタブを再読み込み
    • タブの右端をダブルクリック → スクロール位置を保持した状態で全てのタブを再読み込み
    • タブの右端をAltキーを押しながらダブルクリック → キャッシュとプロキシを無視して全てのタブを再読み込み
  • UndoListInTabmenuToo.uc.js
    • 最近閉じたウィンドウとタブの一覧を表示する項目をタブコンテキストメニューに追加
  • ProminentDomain.uc.js
    • ロケーションバーに表示されているURLのドメイン部分を青く表示する
  • ZZZ-SidebarContextMenu.uc.js
    • Sidebars List代替用
    • サイドバーのタイトル部分(矢印含む)をクリックするとサイドバー切り替え用メニューが表示される
    • サイドバー切り替え用メニューから同一のサイドバー項目をクリックするとサイドバーが閉じられる
    • サイドバーのタイトル部分上でマウスホイールを回転するとすぐにサイドバーが切り替わる
  • saveSpecifiedUrl.uc.js
    • URLを直接入力してファイルを保存する(ファイルメニュー → 「Save Specified Url」 をクリック→ダイアログの入力欄にURLを入力→「OK」を押す)
  • GrabScroll4.uc.xul / GrabScroll_Fx29.uc.xul
    • Grab and Drag代替用
    • ページをドラッグしてスクロールする
    • アドオンバーの手袋型ボタンを押して有効・無効を切り替える
    • 手袋型ボタンを有効にしている状態でページをドラッグしてスクロールする
    • 手袋型ボタンを有効にしている状態で文字列を選択するにはAltキーを押しながら文字列を選択する
    • 手袋型ボタンを無効にしている状態でもShiftキーを押しながらページをドラッグしてスクロール可能
  • saveFolderModoki.uc.xul
    • Save Link in FolderSave File to代替用
    • 現在開いているページ・画像やリンク先のファイルを、あらかじめ登録したフォルダや選択したフォルダへ保存
    • ツールメニューの"保存するフォルダの登録"から、ファイルを保存したいフォルダを登録・修正する
    • 現在開いているページ・画像やリンク上でコンテキストメニューを開き"Save Folder Modoki"のメニュー項目から保存
  • deleteHistoryByLink.uc.js
    • Remove Visited Link代替用
    • リンク上でコンテキストメニューを開き「Delete History By Link」をクリックすると、履歴に保存されているリンク先URLが削除される
  • duplicateTabInContextMenu.uc.js
    • タブコンテキストメニューの「タブを複製」をクリックすると、スクロール位置を保持した状態のタブが複製される
  • expandsidebar40.uc.js
    • Sidebar Auto Show/Hide代替用
    • マウスポインタをページ左端*3に寄せるとサイドバーが自動で開く
    • マウズポインタがサイドバーから離れるとサイドバーが自動で閉じる
    • 「_OPEN_DELAY:」の値にサイドバーを開くまでの時間(ミリ秒)を設定する
    • サイドバーを閉じるボタンの左に表示されるチェックボックスにチェックを入れると、「_CLOSEWHENGOOUT:」の値をtrueにしサイドバーが自動で閉じられる設定にしていてもチェックを入れている間はサイドバーが自動で閉じられるのを禁止する
  • contextMenuImageRotate.uc.js
    • Rotate Image代替用
    • 画像を0度・90度・180度・270度の4通りに回転させて表示する
    • 画像上でコンテキストメニューを開き「Rotate Image」のメニューから角度を選択する(Resetで元の角度に戻す)
    • userChrome.js必須
  • historySidebarTooltip3.uc.js
    • 履歴サイドバーの履歴にマウスオーバーした時、履歴のタイトルとURLをツールチップで表示する
  • OpenSearchNotification.uc.js
    • 検索プラグインを公開しているサイトを開いた時に検索バーのドロップダウンマーカーを強調表示する
  • moreTimeSpanClearRecentHistory.uc.js
    • ツールメニュー>「プライバシー情報の消去」のウィンドウのプルダウンメニューに、プライバシー情報を消去するまでの日数を複数追加
  • unreadTabs.uc.js
    • 未読タブの文字を斜体にし文字色を赤く変更
    • 読み込み中のタブの文字色を青く変更
  • multiSelection.uc.js
    • Altキーを押しながら複数の文字列を選択可能にする
    • table要素で作成された表内部の文字列にも有効
  • AutoCloseBookMarkFolder_Fx37.uc.js
    • ブックマークサイドバーのフォルダを開いた状態から別のフォルダをクリックして開いた時に、それまで開いていたフォルダを自動で閉じる
    • 折畳ボタンで全フォルダを閉じる
    • 展開ボタンで全フォルダを開く
  • AutoCloseHistoryFolder_Fx37.uc.js
    • 履歴サイドバーのフォルダを開いた状態から別のフォルダをクリックして開いた時に、それまで開いていたフォルダを自動で閉じる
    • 折畳ボタンで全フォルダを閉じる
    • 展開ボタンで全フォルダを開く
  • popupTranslate.uc.xul
    • 英単語や英文を選択し中クリック・Shift+P・Shift+中クリックで日本語に翻訳し画面左上に表示
    • 日本語の単語や文章を中クリックで英語に翻訳し画面左上に表示
    • 日本語の単語や文章をShift+中クリックかShift+Alt+Pで英語に翻訳し画面左上に表示
      • ツールメニュー → 「ポップアップ翻訳の設定」 で選択した翻訳サイトで翻訳される
  • multiHomePopup.uc.xul
    • ホームボタン右のドロップマーカーを押すと表示されるメニューから複数のホームページを設定し移動可能にする
  • confirmationToStartUpdate.uc.js
    • 「ソフトウェアの更新を確認」をクリックした後、更新が見つかった場合に更新を続行またはキャンセルの選択ダイアログを表示する
  • SearchOnEngineChangeForFx3.uc.js
    • 検索エンジンのアイコンを押し、メニューから任意の検索エンジンをクリックすると同時にその検索エンジンで検索する
    • KeepDefaultEngine → trueで検索後にデフォルトの検索エンジンに戻す
    • ClearWordAfterSearch → trueで検索後に検索ワードをクリア
  • patchForBug892485.historySidebarScroll.uc.js
    • Fx22で履歴サイドバーの「最後に表示した日時順に並べる」にチェックを入れて履歴を検索した後に下へスクロールし、検索されたURLをクリックして開いた時にスクロールが一番上に移動してしまうバグを修正
  • patchForBug892485.LibraryScroll.uc.js
    • 履歴とブックマークの管理*4の上記と同様のバグを修正
    • 検索したブックマークをミドルクリックして開いた時はスクロールが一番上に移動してしまう(2013/07/29版で修正済み)
  • ttp2http_drop_urlbar.uc.js
    • 「ttp」等の省略表記されたhttp/httpsプロトコルを含むURLを開く時に省略表記された部分を自動的に補完して開く
  • clearFormHistory.uc.xul
    • ページのフォーム上のコンテキストメニューにフォーム入力履歴を消去する項目「Clear Form History」を追加
    • オプション画面の「プライバシー」→「履歴」の「履歴を一切記憶させない」や「記憶させる履歴を詳細設定する」で入力履歴を記憶させないようにしている場合は「Clear Form History」の項目は追加されない
  • measuringScrollSpeed.uc.js
    • ツールメニューの「Measuring Scroll Speed」をクリックするとページを5回スクロールして計測した時間を表示する
  • ucjsDownloadsManager.uc.js
    • Fx26以降で旧ダウンロードマネージャを再現する
    • ツールメニューの「Open Download Manager」をクリックすると開かれる
  • ucjsDownloadsStatusModoki.uc.js
    • Download Statusbar代替用
    • ダウンロード開始時にページ下部へステータスバーを自動的に開きダウンロード状態を表示
    • 表示メニューの「ツールバー」→「Downloads Status Modoki Bar」で表示を切り替え
    • ステータスバーのClearボタンで全てのダウンロードアイテムを消去する
    • ステータスバーの検索欄から絞込み可能
    • ダウンロードアイテムをダブルクリックしてダウンロードファイルを開く
    • ダウンロードアイテム右のボタンでダウンロードファイルの保存フォルダを開く
    • ダウンロードアイテムの数が多くなった場合は多段表示される(スクロールバーで移動可能)
    • ダウンロードアイテムの右クリックメニュー項目はabout:downloadsの物と同じ
  • TabTitleToolTip.uc.js
    • CTRLキーを押しながらタブにマウスオーバーするとすぐにタブタイトルをポップアップする
  • vacuum.uc.js
    • プロファイルフォルダのplaces.sqliteをリセットする
    • ツールメニューの「Web 開発」→「Database Vacuum」で実行
  • global_FindTerm.uc.js
    • ページ内検索バーに表示される「Find」を左クリックするとページ内で選択中の文字列がページ内検索バーへ複製される
    • ページ内検索バーに表示される「Find」を右クリックするとページ内検索バーの文字列が消去される
  • ZZZZ-launchMainWindowFrom.uc.js
    • 「履歴とブックマークの管理」ウィンドウのみ開かれた状態からFirefox本体ウィンドウを開き直す
    • 「履歴とブックマークの管理」ウィンドウのツールバー上のコンテキストメニューを開き「Launch Main Window」をクリック
  • patchForBugBugSearch.uc.js
    • 「スタートページ」および「新しいタブ」の検索BOXにおいて、IME変換中に検索候補をクリックした場合に検索されないバグを回避する
  • selectLinkTextWithAltKey.uc.js
    • about:configの"browser.altClickSave"の値をtrueにしている状態でAltキーを押しながらリンク上を選択した時に保存用ダイアログが開かれないようにする
      • "browser.altClickSave"はAltキーを押しながらリンクをクリックした時にリンク先ファイルを任意のフォルダへ保存する機能

Code-404ブラウザ - Code-404

@zuzu開発日記〜主に日々の行動記録〜zuzu's Gists

  • ZeroFix.user.js
    • ZeroFix is ZeroWatch of niconico fixer. ZeroWatchが改良するまでの暫定的なユーザースクリプトです。
  • refererChanger.uc.js
    • RefControl代替用リファラ偽装スクリプトのFake Referer、fakeReferer modを参考にして作られたスクリプト
    • 指定ドメインへのリファラ
      • リファラの送信を停止する
      • リファラを指定ドメインが含まれるページ自身のホストに書き換える
      • リファラを指定ドメインが含まれるページ自身のURLに書き換える
      • リファラを偽装してくれる(ドメインを指定しない状態でも)
  • TabContextMenuTools.uc.js
    • タブコンテキストメニューに項目を追加する
    • 初期状態では「このタブのタイトルを変更」が追加されている
  • SidebarSwitch.uc.js
    • Sidebars List代替用
    • サイドバーのタイトル部分をクリックするとサイドバー切り替え用メニューが表示される
    • サイドバー切り替え用メニューから同一のサイドバー項目をクリックするとサイドバーが閉じられる

GrieverGriever/userChromeJS · GitHub

  • urlfilter.uc.js
    • Operaのコンテンツブロックを参考にして作られたURLブロック用スクリプト
    • urlfilter.uc.js本体とは別に設定用ファイルのurlfilter.iniが必要(Opera用のurlfilter.iniとは別)
    • urlfilter.iniはプロファイルフォルダ内のchromeフォルダ直下に置く*6
    • Opera用のurlfilter.iniから流用する場合はOpera用のurlfilter.iniに記述されている[exclude]の行より下の範囲*7をurlfilter.uc.js用のurlfilter.iniに流用する
  • KeyChanger.uc.js
    • keyconfig_Modoki.uc.jsの後継版
    • 特徴
      • メニューバー>ツール>Reload KeyChanger scriptからキー設定の再読み込みが可能。
      • 各種入力欄にフォーカスが移っている状態でも設定したキーの入力が可能。
    • 備考
      • keychanger.jsの文字コードはUTF-8に設定する。
      • FireGesturesや軽量マウスジェスチャ等で利用可能なスクリプトを配布サイトのサンプルの大半と同様に記述する場合、コード内に改行がある場合は改行を消して一行化し、ダブルクォーテーション(")を使用している場合は、コード内のダブルクォーテーション(")をシングルクォーテーション(')に置き換えて記述する。
      • コード内の改行を消さずに利用したい場合や、コード内にバックスラッシュ(\)を使用している場合は、コードを「"」と「";」の代わりに「function(){」と「};」で囲んで記述する。
      • 入力欄ではFirefox標準の編集用のキー設定が優先されるので、キー設定が重複する場合は別のキーに設定にする等して対処すると良い。
    • 設定例
  • allowTab.uc.js
    • Tab Permissions代替用
    • タブごとに画像、JavaScript、metaタグによるリダイレクト、プラグイン、サブフレームの有効・無効を切り替える
  • SmartScrollbar.uc.js
    • スクロールバーを細くし、つまみを緑色にする(const HIDE_SCROLLBAR = false)
    • スクロールバーを非表示にする(const HIDE_SCROLLBAR = true)
    • ツールメニューの"スクロールバーを表示しない"から表示の切り替えが可能(切り替え後に再読み込みで適用)
    • つまみをクリックしながらマウスポインタをつまみから離した時にクリック状態が無効になるまでの距離が短くなるので注意
    • クリック状態が無効になるまでの距離を伸ばせる(0の場合は無限)
      • about:configの「slider.snapMultiplier」の数値を0にするか増やしてからFirefoxを再起動する
  • TabsInTitlebar_mod.uc.js
    • タブバーとタイトルバーを一体化する
  • WebScreenShot.uc.xul
    • FireCaptor代替用
    • ツールメニューからページの全体・表示部分・選択範囲・各要素のスクリーンショットを取得して新しいタブに表示する
    • 画像上のコンテキストメニューから画像をBase64に変換してコピーする
    • Firefox18対応ドイツ語版
    • Firefoxの表示領域より大きい画像を原寸表示にし切り抜いてキャプチャしようとすると別の範囲が切り抜かれてしまうので、そのような場合は一旦ページ全体をキャプチャし、そのキャプチャから更に切り抜いてキャプチャする
  • contextSearcher.uc.js
    • 選択文字列上でコンテキストメニューを開き「"○○"で検索」や、そのサブメニューから検索エンジンで検索する
    • 単語上でコンテキストメニューを開き「"○○"で検索」や、そのサブメニューから検索エンジンで検索する
    • コンテキストメニューの「"○○"で検索」上でマウスホイールを回転させると検索エンジンが切り替わる
    • 検索結果を現在のタブで開くようにする
      • 「NEW_TAB:」の値を「false」にする(0.0.7まで)
      • about:configの「browser.search.openintab」の値に従う(0.0.8以降)
    • 検索結果を背面のタブで開くようにする
      • 「gBrowser.selectedTab = 」の箇所を削る(0.0.7まで)
      • about:configの「browser.tabs.loadInBackground」の値に従う(0.0.8以降)
  • OperaStyle_Go_to_nickname.uc.js
    • ブックマークのキーワードを入力してブックマークのURLへの移動やブックマークレットを実行するためのパネルを表示する
    • keyconfigやKeyChanger.uc.jsの設定ファイル等に「gotoNickname.open()」を追加・追記し、設定したキーから実行する
  • overwriteMiddleMousePaste.uc.js
    • about:configのmiddlemouse.pasteをtrueにしている場合に機能する
    • 入力欄内の選択文字列をミドルクリックすると選択文字列がクリップボード内の文字列で上書きされる
  • OperaStyle.uc.js
    • リンクをShift+EnterかShift+クリックで、新しいタブにアクティブ状態でリンクを開く
    • リンクをCtrl+EnterかCtrl+クリックで、新しいタブに非アクティブ状態でリンクを開く
    • リンクをShift+Ctrl+EnterかShift+Ctrl+クリックで、新しいウィンドウでリンクを開く
    • リンクをAlt+Enterでリンク先のファイルをダウンロードする
      • 動作しない場合はabout:configのbrowser.altClickSaveをtrueにする
  • goToUpperDirectory.uc.js
    • サイト認証ボタンのコンテキストメニューから、閲覧ページの各ディレクトリに移動する
  • OperaActions.uc.js
    • keyconfigやKeyChanger.uc.jsの設定ファイル等に追加・追記し、設定したキーから実行する
    • opera.goToParentDirectory()
      • 1つ上のディレクトリに移動する
    • opera.fastForward()
      • URLの右端の数字を1つ増加し、そのURLに移動する
    • opera.pasteAndGo()
      • ロケーションバーにURLを貼り付けて移動する
    • opera.wand()
    • opera.toggleSidebar()
      • サイドバーを開閉する
    • opera.spaceKey()
      • 下方向へスクロールし、最下部へ到達後は次の連番ページに移動しようとする
    • opera.gestureRight()
  • HideTitlebar.uc.xul
    • タイトルバーを非表示にする
    • ツールバーのコンテキストメニューの"タイトルバー表示/非表示"で切り替え可能
  • FastPrevNext.uc.js
    • FastPrevNext代替用
    • ロケーションバー内右端の2つの矢印をクリックし連番URLの右端の数字を増減させ移動する
  • GoogleSuggestContext.uc.xul
    • 選択文字列のGoogle検索ワード候補をコンテキストメニューの"GoogleSuggest"に表示する
  • AutoPagerizeFindHighlight.uc.js
    • AutoPagerize の継ぎ足し後もページ内検索の強調をする
  • TRBLSidebar.uc.js
    • サイドバーを上下左右に移動可能にする
    • サイドバーに追加された矢印とプルダウンメニューから移動する
  • selectionLinkNewGrope.js
    • 選択範囲内のリンクを新しいタブグループで開く
  • Pano.uc.js
    • Panoのサイドバーでタブのコンテキストメニューを使えるようにする
  • iContextMenu.uc.js
    • コンテキストメニューにある大部分の項目をサブメニューに移し各項目にアイコンを表示する
    • 関連項目をサブメニューへ一纏めにする
  • DocumentMap.uc.js
    • 専用のスクロールバーを表示し、スクロールバーの背景部分にページの一部を縮小表示する
  • ClickToPlayMenu.uc.js
    • plugins.click_to_play でブロックしたプラグインを常に再生するメニューを作る
  • fastforward.uc.js
    • Space Next代替用
    • スペースキー等で最下部へスクロールしてから更にスペースキーを押すと次のページへ移動する
  • reload_userChrome_and_userContent.uc.js
    • ツールメニューに userChrome.css と userContent.css を再起動せずに再読み込みする項目を追加
    • userChrome.css と userContent.css には、あらかじめ「:root {}」を追記しておく必要がある
  • iContext.uc.js
    • コンテキストメニューの大部分の項目をアイコン化して表示する
    • 関連項目をサブメニューへ一纏めにする
  • UCSS.uc.js
    • メニューバーの「UCSS」からuserChrome.cssとuserContent.cssの有効・無効の切り替え、再読み込み、編集を実行可能
    • userChrome.css と userContent.css には、あらかじめ「:root {}」を追記しておく必要がある
    • userChrome.cssの再読み込みが効かない場合は一旦userChrome.cssを無効にし編集後、有効にする
    • スクラッチパッドでは日本語は入力できないので注意
      • Firefox19時点のスクラッチパッドはマルチバイト文字の入力に対応していない
  • NewTabPageDial.uc.js
    • about:newtab を Speed Dial に変える
    • about:configの「browser.newtab.url」をabout:newtab以外に設定している場合は新しいタブにabout:newtabを開かないので注意

Cherenkovの暗中模索にっき

silog - memo/firefox/userChromejs

  • AddonsDownloadsSidebar.uc.xul
    • アドオンマネージャ用のサイドバーとダウンロードマネージャ用のサイドバーを表示可能にする
    • メニューバー>表示>サイドバー>「Add-ons」、「Downloads」
  • ImageChangeSize.uc.js
    • 画像上でコンテキストメニューを開き「image size」のサブメニューから画像の大きさを変更する
  • LocationbarNewTab.uc.js
    • ロケーションバーにURLを入力して移動した時に新しいタブで開く
    • Firefox19では動作しない
  • OpenContextually.uc.js
    • 未リンクまたはリンク済みのURLを選択しコンテキストメニューの「Open Links」をクリックして選択部分のURLを開く
    • h抜きのURLも開ける

drry ・ GitHub

氾濫原 [HANRANGEN]

aki77の日記

  • moveCompletion.uc.js
    • Firefox のロケーションバーと検索バーの補完を Ctrl + p / n で選択できるようにする

poolmmjpさんのプロフィール - はてな

  • closerightleft.uc.js
    • タブコンテキストメニューに「左のタブをすべて閉じる」と「右のタブをすべて閉じる」の項目を追加

whym.org/whym - Userscripts.org

  • ToggleAllInSelection.uc.js
    • チェックボックスが含まれる箇所を選択しコンテキストメニューの「Toggle All」をクリックして選択範囲のチェックボックスのチェック状態を切り替える

Extend Ash

s2worksuserChrome.js スクリプト

  • OverrideUserAgent.uc.js
    • ユーザーエージェントをサイト別に置き換える
  • FakeReferer.uc.js
    • Refererを偽装
  • closeallchildwindows_1.0.0.uc.js
    • メインウィンドウを閉じた時に、拡張機能やテーマなどの子ウィンドウを全て閉じる

Xiao ShanXiao Shan - userChrome

风飘林's BloguserChromeJS - 风飘林's Blogzbinlin ― Bitbucket1/2

  • AddBookmarkHere.uc.js
    • Add Bookmark HereAdd Bookmark Here ²代替用
    • ブックマークメニューの任意の箇所に閲覧ページのブックマークを作成する
    • ブックマークメニューのコンテキストメニューを開き"将当前页添加到这里"をクリックする
  • autoFocusUrlbar.uc.js
    • Auto focus URL barのスクリプト版
    • A〜Zキーを押した時、自動的にロケーションバーにフォーカスを移しIMEを無効にした状態で入力する
  • copyTitleInTab@zbinlin.uc.js
    • タブコンテキストメニューの「Copy Title」をクリックするとタイトルコピー用のダイアログが表示される
      • 「预览:」にコピー予定のタイトルが表示される
      • 「分隔符:」欄に文字列を記入するとその文字列から後ろの文字列をコピー予定のタイトルから除外する
      • 「重置」ボタンを押すと「分隔符:」欄の文字列が消去される
      • 「确定」ボタンを押すと「预览:」に表示されているタイトルがコピーされる
      • 再度同一ドメインのページで「Copy Title」をクリックした時は前回のダイアログでの設定を維持したままダイアログ非表示でページタイトルがコピーされる
    • Shiftを押しながら「Copy Title」をクリックすると前回記入した分割用の文字列を有効にした状態でダイアログが表示される
    • Ctrlを押しながら「Copy Title」をクリックするとダイアログ非表示でページタイトルをコピー
  • googleImageSearch.uc.js
    • 画像上でコンテキストメニューを開き「google 图片搜索」をクリックしGoogleで類似画像を検索
  • img.uc.js
    • 読み込みに成功した画像上のコンテキストメニューにも「画像を再読み込み」の項目を表示する
  • middleClickFocusOpen.uc.js
    • リンクをミドルクリックして0.5秒以上経ってからボタンを離した時にリンク先をアクティブ状態の新しいタブで開く
  • middleMousePaste.uc.js
    • about:configのmiddlemouse.pasteをtrueにしている場合に機能する
    • クリップボードに保存された文字列をホイールクリックで貼り付ける(範囲選択部分では上書き)
    • Firefox側の入力欄(ロケーションバー・検索バー・about:config・サイドバー等の入力欄)でも実行可能
  • trimOnMinimize.uc.js
    • Windows用
    • ウィンドウを最小化した時にメモリを開放する
    • メモリ使用量が500MBを超えた時と30分毎にメモリを開放する

tabunfirefoxDownload - userChrome.js / tabunfirefox

  • MCPasteAndGo.uc.js
    • ウェブページの検索フォームやFirefoxの検索バー上で、ミドルクリックで貼り付けて検索できる
  • AutoCopyLite.uc.js
    • AutoCopy代替用
    • 選択した文字列をクリップボードへ自動的にコピーする
  • AppMenuPlus.uc.js
    • Firefoxボタンにメニューバーの項目や任意のメニューを追加

おふろめuserChrome.js|おふろめoflow/userchromejs · GitHub

  • focus-last-tab.uc.js
    • Focus Last Tab代替用
    • タブを閉じたとき直前に開いていたタブにフォーカスする
    • 未読タブがあるときは未読を優先的にフォーカスする

\(^o^)/: Home

tkhren (tkhren) · GitHubtkhren/userchromejs · GitHub

Studencheskie Programmisty - 入り口nodaguti/userChrome.js · GitHub

  • adblock#_lite.uc.js
    • adblock#.uc.js軽量版
    • ブロックしたい文字列はfilter:に直接記入する
    • ツールメニューの「Enable Adblock#.uc.js」で切り替え可能
    • 使用テーマによる不具合
      使用するコンプリートテーマによってはツールメニューの「Enable Adblock#uc.js」の項目左にラジオボタンが表示されなくなり有効状態にならなくなってしまうので、そのような場合は「menuitem.setAttribute("type", "radio");」の行を「menuitem.setAttribute("type", "checkbox");」にしてラジオボタンからチェックボックスに変更すると有効状態になる
 

*1 「ジェスチャーの追加」の項目のリンク先にある、Mouse Gestures Redox独自の関数を使用していないスクリプトは、MouseGestures.uc.jsでも利用可能
*2 ウェブアーカイブ上のMouse Gestures Redox公式サイトには保存されていなかったスクリプト
*3 「_SIDEBARPOSITION:」の値をLに設定している場合は右端
*4 「表示>項目の表示順序>最後に表示した日時順で表示」と「表示>項目の表示順序>降順 (Z > A)」にチェックが入った状態
*5 ブックマークツールバー/ブックマークメニュー/ブックマークボタンにあるブックマーク
*6 無い場合は自動的に生成される
*7 不具合を未然に防ぐ為、フィルタと無関係な「;」で始まるコメントアウトされた行は流用しない方がいいかも
*8 各種入力欄等のページ表示領域以外の箇所にフォーカスが移っている状態では効かないので注意

(HTML conversion costs 0.020 sec.)