リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
WZR-AMPG300NH 
http://wiki.nothing.sh/1768.html

█ WZR-AMPG300NH

Last-modified: 2015-01-11 (日) 21:21:10 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/1768.html / add to hatena bookmark - users / add to livedoor clip - users

AirStation NFINITI Giga Draft11n対応
11a&g&b 無線LANブロードバンドルータ
WZR-AMPG300NH
http://buffalo.jp/products/catalog/network/wzr-ampg300nh/

Q&A

無線LAN Q&A情報
http://buffalo.jp/qa/wireless/index-airstation-01.html
http://qa.buffalo.jp/eservice/esupport/consumer/esupport.asp?fact=WZR-AMPG300NH%2FP

公式情報

アドレス変換・ポート開放
http://buffalo.jp/qa/wireless/make/wireless-71_7.html#answer
http://buffalo.jp/download/manual/html/air9/router/wzrampg144/chapter16.html

ファームウェア
http://buffalo.jp/download/driver/lan/wzr-ampg300nh_fw150b.html

■レビュー

不具合

Buffalo WZR-AMPG300NHの不具合

[+ネットワーク関連] [編集]

好調に利用しているBuffalo WZR-AMPG300NHですが、

先日、「あれ?」と思うことがあったので、

サポートの問い合わせてみました。

気になった現象は

・W53以上で接続できない

ってことです。

もともとの設定はW52を使用していたのですが、

せっかく機能があるので繋いでみようと設定変更してみると

ぜんぜんつながらないんです。

こうなったら埒があかないので、

サポートに連絡してみると、早速回答が届きました。

本件について再度確認いたしましたところ、

誠に申し訳ございませんが

WZR-AMPG300NHについては、

W53(11aの52〜64ch)を使用中は

ANY接続拒否の場合は、無線通信を行う事ができない製品仕様となり、

制限事項となりますため、回避方法がございません。

DFS機能を搭載する関係上、ANY接続拒否の機能との併用が行えず

正常に無線接続が行えなくなる症状が発生してしまいます。

このような状況となるため、誠に申し訳ございませんが、

ANY接続拒否の設定を11a側で行われる場合は、

W52(36〜48ch)でご利用頂くなど、

運用回避してご利用頂く以外に方法がございません。

何卒ご容赦頂きますようお願い致します。

==============================================================================
【変更履歴】
●Ver1.48→Ver1.50β
[機能追加]
 1.マルチキャスト制御機能を搭載しました。
  ・Multicast Snooping(マルチキャスト・スヌーピング)機能を搭載しました。
   マルチキャスト管理パケットの監視を行い、不要なIPマルチキャストパケットの
   Floodingを抑制することができるようになります。
  ・Multicast トンネル転送モードをサポートしました。
   Snooping機能と組み合わせることによって、無線LANにおける
   IPマルチキャストパケットの信頼性を向上させることができます。
  この機能を利用するためには、接続を行う無線LAN機器も
  Multicastトンネル 転送モードに対応している必要があります。
  ファームウェア更新後の初期値は「マルチキャストSnooping(スヌーピング)機能を使用する」となります。

[不具合修正]
 1.DHCPv4手動リース情報の1件目が表示されない問題を修正しました。
 2.WPSの接続性を向上しました。
 3.一部ブラウザでログファイル保存・設定保存できない問題を修正しました。
 4.設定変更後に常にDDNS更新処理を行う動作を修正しました。
 5.ブラウザからの設定にセキュリティチェックを行う様に修正しました。
 6.UPnP設定が有効な設定下で無線のインタフェイス(11a/11g)双方を無効に設定すると
  SSDPパケットが送信されなくなる問題を修正しました。
 7.AOSS/WPSを実行した際、稀に無線通信ができなくなる状態に陥る問題を修正しました。

[仕様変更]
 1.[無線設定]-[基本(11g)]で倍速モード:40MHzを設定したとき、
  無線チャンネル:8/拡張チャンネル:12、無線チャンネル:9/拡張チャンネル:13の
  組み合わせに設定することができなくなります。
  そのチャンネルに設定されている状態からバージョンアップを行うと、
  無線チャンネル:8/拡張チャンネル:4、無線チャンネル:9/拡張チャンネル:5に変更されます。


(HTML conversion costs 0.016 sec.)