リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
WZR-2G300N 
http://wiki.nothing.sh/1879.html

█ WZR-2G300N

Last-modified: 2015-01-11 (日) 21:21:07 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/1879.html / add to hatena bookmark - users / add to livedoor clip - users

製品情報

http://buffalo.jp/products/catalog/network/wzr2-g300n/

比較

  • 現在のファームウェアでは概ね安定。
    • 悪評は発売直後に集中している模様。
  • 802.11nの利用で、802.11b/gのみ対応の下手なハイパワー機よりも広範囲・高レートで安定したリンクが可能。
    • 2.4GHz帯で802.11nを利用したい向きには、基本的な機能・性能は押さえてある。
    • 802.11a(5GHz帯)の利用を考えないなら、安価でお買い得と言えるかも。

  • ルータ部はBBR-4HGと同等かそれ以下らしい
    • WANが光100Mbpsなので実効でも100Mキッカリ出なければ糞、みたいな事を言うダウソ厨以外は普通に使える。
    • どうしても糞ルータをスルーしたい場合は、APモードにすればルータを切り離して使えます。
  • 特定の無線LAN子機での安定した通信が困難。
    • 現在のファームウェアでは改善されている模様。
  • 特定の無線LAN子機で通信速度が遅い
    • 有線:14Mbps、無線:1Mbps
    • 問題のない環境では、802.11nリンク速度150Mbps時で実効40〜45Mbps程度。
  • 特定の無線LAN子機/環境では通信範囲が狭い。
    • 問題のない環境では、802.11b/gよりも広範囲・高レートで安定した通信が可能。
  • 外部アンテナがオプションに無い
    • WZR2-G300Nの責任云々以前に、802.11n対応の汎用外付けアンテナ自体が何処からも製品化されていない
  • ドラフト11nの互換性の悪さ
    • 40MHz 300Mbpsでの接続は、同社製品間でなければ困難か?
    • 他社も見る限り何処も同様のようなので、802.11nドラフト自体がそのようなものだとでも思うしか…
  • ハードウェア板のバッファロースレでもプチプチ切れまくって話にならないと評判の超地雷
    • 2008年9月現在の最新ファームウェアでは概ね安定した模様。
    • 発売直後の時期に悪評が集中して見放され、改善後もそのまま放置されているのがこの機種の不幸と言える。
  • 最新のファームウェアに更新しても症状が変わらないならもうだめぽ

価格情報

  • 2008年08月頃から、1万円以下で投げ売りが始まっている。
    • 10kなら、802.11n対応APと割り切っても悪くないかも。
    • 11n対応の子機を既に所有していて親機が11b/gのみ、といったユーザーの置き換え需要には、おそらく現時点で最安の選択肢。
  • 投げ売り開始は、後継機種の発売が近い所為かも。

Q&A

関連情報

アドレス変換・ポート開放
http://buffalo.jp/qa/wireless/make/wireless-71_7.html#answer
http://buffalo.jp/download/manual/html/air9/router/whrg/chapter16.html

更新履歴

●Ver.1.52β2 → Ver.1.52
[不具合修正]
 1. WLI-TX4-G300Nを2台以上接続した状態で、マルチキャストSnooping(スヌーピング)
  機能を有効にすると、通信内容により正常にマルチキャストが送信されない問題を
  修正しました。

 その他、表記を修正しました。

●1.52β → Ver.1.52β2
[仕様変更]
 1. Windows Vista Feature Pack for Wirelessが適用されたPCとのWPSによる接続に
  対応しました。

[不具合修正]
 1. WPA-PSKのRekey時に通信が停止することがある問題を修正しました。
 2. WAN側のIPアドレス取得方法がPPPoEの場合に、ポート変換の手動設定が正常に動作しない
  問題を修正しました。
 3. マルチキャストSnooping(スヌーピング)機能を使用する設定のとき、一部の
  クライアントと接続できない問題を修正しました。
 4. 無線暗号化設定を変更したとき、ハングアップすることがある問題を修正しました。
 5. マルチキャストSnooping(スヌーピング)機能を用いて通信中、Multicastパケットが
  大量送信されたときにハングアップすることがある問題を修正しました。
 6. AOSS(マルチセキュリティ)有効のとき、一部のクライアントとの接続性が悪くなる問題を
  修正しました。

 その他、表記を修正しました。

●Ver.1.51 → Ver.1.52β[仕様変更] 1. UPnPの待機ポート番号をランダム化しました。 2. 無線チャンネル「自動」のときのチャンネル選択範囲を1-13から1-11に変更しました。 [不具合修正] 1. UPnP設定が有効な設定下で無線のインタフェイスを無効に設定すると SSDPパケットが送信されなくなる問題を修正しました。 2. 設定画面クライアントモニタのリストで、接続した機器の無線認証が「-」と なることがある問題を修正しました。 3. インターネット@スタートによってインターネット接続が確立した後、 DNSによる名前解決ができなくなることがある問題を修正しました。 4. UPnPの不具合について対策を行いました。 ・WindowsXPの「ネットワーク接続」設定において、「インターネット接続」プロパティの 「設定」ボタンを押下した際、サービスダイアログが開かない不具合の修正を行いました。 ・ポートマッピングのエラーコードの誤りを修正しました。 2台以上のUPnP機器が同時通信したとき通信できなくなることがある問題が改善されます。
5. 無線による通信が無い状態が5分以上続いた後、
 通信再開ができなくなることがある問題を修正しました。 
6. 無線接続時の不要な情報(WPS-IE内)を削除し、接続性を向上させました。  
7. ログ転送機能において、ログ種別によって、サーバにログが送信されないことがある問題を  
修正しました。  その他、表記・UIを修正しました。

レビュー

391 名前:不明なデバイスさん [sage]

投稿日:2008/06/12(木) 09:22:00 ID:9HKdyywU

やっと正式版が出た…

WZR2-G300N ファームウェア for Windows Ver.1.52


(HTML conversion costs 0.018 sec.)