リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
HDDレコーダーのHDDバックアップ成功報告(KNOPPIX、easeus_disk_copyなど) 
http://wiki.nothing.sh/2594.html

█ HDDレコーダーのHDDバックアップ成功報告(KNOPPIX、easeus_disk_copyなど)

Last-modified: 2017-09-05 (火) 14:42:10 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/2594.html / add to hatena bookmark 0 users / add to livedoor clip - users

内蔵HDDのバックアップをとってください。

HDDレコーダーでは、HDD換装の際、HDD先頭のデータ(※あてはまらない機種もある)を読みにいっていることがあり、何かの役に立つはず。 

まず準備

下記�〜�は、isoファイルなのでNEROなどのライティングソフトでCDやDVDに焼く必要あり
�K N O P P I X 6.2日本語版(DVD版)※CD版は、ver6.0.1になる
おそらくインストールするならHDD空き10GB以上、メモリ768MB以上あった方がいいかも(詳しい方情報お願いします)
入手先:http://www.rcis.aist.go.jp/project/knoppix/
※CD版(ver6.0.1)は、GParted がないので追加
GParted (Live CD版含む) http://gigazine.net/news/20060529_gparted_live_cd/
※Explzh (フリーの解凍ソフト)LHA/ZIP/CAB/TAR/ISH形式の圧縮・解凍と、ARJ/GZ/BZ2/RAR形式の解凍が可能。http://www.forest.impress.co.jp/lib/arc/archive/archiver/explzh.html
�Easeus Disk Copy
 パソコンのハードディスクドライブを丸ごとコピーできるフリーソフトです。
システムを含めコピーできるのでハードディスクドライブを交換するのに大変便利です!
コピー先のハードディスク容量が大きくても大丈夫です。USB接続にも対応しています。

入手先:https://jp.easeus.com/disk-copy/home-edition/
動作OS:Windows95/98/Me/NT/2000/XP/Server 2003/Vista

�その他 
AcronisのDiskDoctor:
http://www.runexy.co.jp/personal/acronis_diskdirector_11/feature/ (有料、体験版あったような)
など

(初級)『MAL-2235SBK』や『これdo台 PRO(KD25-35PRO)』

クローンコピー可能商品

クローンコピー可能商品値段体験報告参考
これdo台 PRO (KD25-35PRO)25000円くらいhttp://www.century.co.jp/products/pc/hdd-copy/kd25-35pro.html
SD-SSU2E-G1  エアリア製4500円くらいhttp://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B0036RLV34/ref=mp_s_a_1/377-5271287-0998352?qid=1303267924&sr=8-1
MAL-2235SBK (MARSHAL製)おすすめ4280円くらい。PCレスでクローンコピー可能http://www.marshal-no1.jp/products/MAL-2235s.html
使い方http://mobaio.cocolog-nifty.com/pickup/2009/12/hdd-mal-2235sbk.html

変換アダプタ

変換アダプタ値段体験報告参考
IDE-SATAZD(変換名人)
SATAドライブをIDEに変換
1080円安いが動作保障なしhttp://www.henj.in/SATA.html
SD-SATAIDE(エアリア製)
SATAドライブをIDEに変換
2000円くらいSD-SSU2E-G1と組み合わせる。http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00361FWIK/ref=mp_bxgy_p_dp_y/377-5271287-0998352?qid=1303267924&sr=8-1
SATAD-IDE(玄人志向製)
SATAドライブをIDEに変換
1680円くらい。相性よい。http://www.kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=181

※『MAL-2235SBK』は、値段が安く、成功報告もあるのでおすすめです。

体験報告

  • 『これdo台TWIN』を使ってHDD換装(DV-DH250W編」): http://geos.dip.jp/
  • HDDレコでSATAのHDDをIDEに変換して使うなら、『IDE-SATAZD』(変換名人)と『SATAD-IDE』(玄人志向製)ほとんど構造同じ(位置関係)なので、安い変換名人の方でいいと思う
  • MAL-2235(マーシャル製)体験報告:パナ製BW890にて、 搭載HDD日立製cool spin (1TB) →日立製0s02601(1TB)に換装。(※マーシャルMAL-2235 使用)すんなり認識し、録画リスト含め全くのクローで正常動作。

(中級)  フリーソフト『Easeus Disk Copy 2.3』 無料

PCに詳しい方。USB接続にも対応しています。

やり方: http://www7b.biglobe.ne.jp/~kyo-/HDDc/HDDc3.html

(上級)  Knoppix6.2  無料  (フリーOSで、DVD版とCD版あり)

圧縮する方法(bzip2やgzipなど)や無圧縮の方法あり。昔のMS-DOSみたいにコマンド文を入力。高圧縮にするとファイル容量は小さくなるがかなりの時間かかります。

※HDD接続のしかたによりコマンド文が変わるので、練習で中古HDDの4〜15GBとかで練習してからやることをすすめます。(USBフラッシュメモリは、USB1.1並の転送速度で遅いと思う) 
(注意1)『<』と『>』、『if』と『of』、『,』と『.』間違わないように 
(注意2)デバイス/dev/sda、/dev/sdb、/dev/sdcなど、Gpartedで必ず確認してください。 

(上級1)Knoppix6.2によるバックアップ方法 3通り(多分これでいいと思う)  

圧縮または無圧縮の方法
(注意)『<』と『>』、『if』と『of』、『,』と『.』間違わないように

デスクトップ-----SATA接続外付けHDD�-----SATA接続外付けHDD�
内蔵HDD(/dev/sda1)-----/dev/sdb1-----/dev/sdc1

デスクトップ内蔵SATA接続HDDが/dev/sda1(Knoppix6.2インストール済み)
SATA外付け接続のバックアップ元HDDが/dev/sdb1
SATA外付け接続のバックアップ先HDDが/dev/sdc1
のときです。
※sdbと sdcはつなぐ順番などで変わることがあるのでGpartedなどで必ずデバイスを確認してからやってください (USB2.0接続にするとだいぶ遅くなる)

�<低圧縮のとき>時間は短縮されるが容量増える。
<低圧縮のとき>
dd conv=sync,noerror bs=4096 if=/dev/sdb1 | gzip -1 > /media/sdc1/ test.gz

<解凍>
gzip -dc < /media/sdc1/test.gz | dd conv=sync,noerror bs=4096 of=/dev/sdb1

�<最大圧縮のとき>容量優先(時間かなりかかる) 
<最大圧縮のとき>
dd conv=sync,noerror bs=4096 if=/dev/sdb1 | bzip2 -9 > /media/sdc1/test.bz2)

<解凍>
bzip2 -dc < /media/sdc1/test.bz2 | dd conv=sync,noerror bs=4096 of=/dev/sdb1

�<無圧縮のとき>圧縮しないので一番短縮(USB2.0接続にするとSATA接続よりだいぶ遅くなる)
<無圧縮のとき>
dd conv=sync,noerror bs=4096 if=/dev/sdb1 of=/media/sdc1/test.img

<リストア>
dd conv=sync,noerror bs=4096 if=/media/sdc1/test.img of=/dev/sdb1

�<圧縮時間>電源未投入状態で1TBのHDDイメージを圧縮バックアップ(最高圧縮率-9)するとbzip2では容量577MBで9時間くらいかかった。また、gzipでは5時間くらいかかった。

�デバイスの確認のしかた
knoppix 6.2(GNOME版)の場合、Gparted (左下アイコン「Kメニュー」→「設定」→「Gparted」)を起動する。右上の▼をクリックし、送り元HDDと送り先HDDのデバイスを確認できる。 

参考1 Linuxコマンドポケットリファレンス(技術評論社)などの本

参考2 http://x68000.q-e-d.net/~68user/unix/pickup?dd

(上級2)knoppix(旧バージョン) で無圧縮コピーの例(HDDはIDE接続した)

dmaオン、コンソールモード、スワップoff、日本語モード で起動する。
knoppix dma 2 noswap lang=ja
注:この時点ではキーボード配列が英語になっているため、「=」を入力するには[^]を押す)。
dd if=/dev/hdc of=/dev/hdd bs=65536 conv=noerror,sync
(元HDDが /dev/hdc、新HDDが /dev/hdd )
送り元と送り先を逆にすると取り返しがつかないので注意。IDE接続にするか(マスターやセカンダリ)、USB外付けにするか等でデバイスが変わるので注意

HxDを使って、先頭2GBをコピーする方法

※HxDで2GBコピーする方法を報告しているHP   http://green.zero.jp/meronsoft/mr_bzt710_2.htm

(HxDでは、768MBしかコピー出来ないので) 

ドライブ2:HCS5C1010CLA382(BZT710搭載HDD)
ドライブ3:新HDD(換装用)
と仮定します。
ドライブ2→ドライブ3にコピーします。

HxDは、768MBコピー出来るんだから、計算が面倒なので、512MB単位で分割コピー。2GBなので、4回繰り返す。 

ブロック範囲先頭4回分 

20000000 
40000000 
60000000 
ブロック範囲長さ、共通512MB分 
20000000 

•-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
①まず、ドライブ2を読み込みモードで開く。 次に、ドライブ3を書き込みモードで開く。

②上部のセクター番号に、前回メモした、セクター番号を入れてENTERボタンを押すと、指定セクターの先頭に移動する。 今回は、これ以後に貼り付けます。初回なので、0セクターを指定します。 次、ドライブ2に移動。ブロック範囲先頭を設定後、初回は0  ブロック範囲長さ「20000000」を入れる 。2回目以後は、ブロック範囲長さ「20000000」の、0を1個消して、1個戻すと、ブロック範囲終了ポイントが再計算されます。 ブロック範囲指定後、コピー 。書き込みモードで開いてあるドライブ3に移動 。貼り付け後、次のセクターの番号をメモ帳に控える。 続きはここから貼り付ける為です。ドライブ3の右上のバッテンを押して閉じて、512MB書き込み完了です。

③ドライブ3を再度書き込みモードで開く。

④上部のセクター番号に、前回メモした、セクター番号を入れてENTERボタンを押すと、指定セクターの先頭に移動する。次回は、これ以後に貼り付けます。読み込みで開いてある、ドライブ2に移動 。ブロック範囲先頭に2番めの「20000000」を入れ、ブロック範囲長さ「20000000」の、0を1個消して、1個戻すと、ブロック範囲終了ポイントが再計算されます。 ブロック範囲指定後、コピー 。書き込みモードで開いてあるドライブ3に移動 。貼り付け後、次のセクターの番号をメモ帳に控える。 続きはここから貼り付ける為です。ドライブ3の右上のバッテンを押して閉じて、512MB書き込み完了です。ここまでで1GBコピー出来ました。

⑤あと、2回繰り返すと、2GBコピー出来ます。

完了

同世代の上位機種のHDDの中身を比較して「変更前の16進値」を見つける方法

変更場所を一発で見つけるには同世代の上位機種が必要になります。

比較は、HxDよりStirlingの比較機能がオススメ(HxDも使うけど)

Stirlingダウンロード(無料)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se079072.html

Stirling使い方
http://members2.jcom.home.ne.jp/hrs23/sl/be_08.html

やり方の例

①PCにレコ搭載HDDをつなぐ。HxDを起動。2機種の2GBコピーをそれぞれ保存。
Stirlingでは、レコ搭載HDDがそのままでは認識しないのでHxDをつかって2機種の2GBコピーをそれぞれファイル保存する。(例えば、BW730とBW830)
※レコ搭載HDDは、HxD起動→エクストラ→ディスクを開く→物理ディスク   で認識しているのがわかる。

②次にStirling起動→保存した2つのファイル開く→「検索・移動」→比較→OK→比較終了→「比較結果を強調表示」にチェック入れる。
※赤のブロックで変更箇所が一目瞭然になる。搭載が同じ500GBでも世代により値が違う可能性があります。

↑一つのやり方の例なので、他にあれば情報お願いします。

(参考)

●XP12
搭載250GB機種
※変更の前の値は、「28254607」と「28153A07」

※28254607
変更したセクター番号は512、516、520、524

※28153A07
変更したセクター番号は520、524

の合計8ヶ所
28254607は、約249.9GB
28153A07は、約248.3GB

●BZT710
搭載500GB機種
※変更の前の値は、51 BA 80 0E
※変更したセクター番号は512、520、528、536、66048、66056、66064、66072の各セクターの値を変更

●XW31
搭載500GB機種
※128、132、137、140、144、148、149の中の14ヶ所の値を変更(注意XP11のHDDデータ使用)

●BRT300
搭載500GB機種
※変更の前の値は、D4 B9 80 0E
※変更したセクター番号は512、520、528、536、66048、66056、66064、6607

●BW750:
搭載320GB機種 
変更前の値90 9F 43 09
セクターは、520,524,66056,66060の4カ所のみ
※90 9F 43 09は、約318.3GB

§2 環境別報告(デスクトップやノートパソコン)

上記の中級〜上級の方法
PCのHDDを交換したり、OSをインストールしたり、HDDをフォーマットできる人向き
送り元と送り先など間違うと大変なことになるので自信がない方は
�練習で中古HDDの4〜15GBとかで練習してからやることをすすめます。(USBフラッシュメモリは、USB1.1並の転送速度で遅いと思う) 
�『<』と『>』、『if』と『of』、『,』と『.』間違わないように 
�デバイス/dev/sda、/dev/sdb、/dev/sdcなど、Gpartedで必ず確認してください。

デスクトップ

接続によりsda、sdb、sdc、hda、hdbと変わる
9時間もかかるのは嫌だ、もっとはやくするには?
解凍途中でフリーズするのは、何が原因?(コマンド文がまちがている)
メモリは最低どれくらいあった方がいい?(フリーズするのはメモリ不足?)
空き容量はどれくらい必要?
「EASEUS Disk Copy」の方が簡単?
コマンドの本を見ても詳しく載っていない

方法として
方法�外付けHDD(HDDレコの元HDD)を内蔵HDD(knoppixインス-ル)にバックアップ
方法�2つとも外付けにして外付けどうしでバックアップ
方法�2つとも内部接続にして内部接続どうしでバックアップ(OSのHDDは別)
※お金が一番かからないのが方法�(マザーボードにあるSATAが2〜3つある。)です。マザーボードにあるSATAに接続すれば時間はかなり早いと思います
※方法�は、失敗すると、再インストールや失敗ファイルなどの削除が面倒。
※方法�は、失敗と成功がわかりやすい。また、失敗してもHDDフォーマットが楽です。(USB接続にするとSATA接続よりだいぶ時間かかるので注意)

アドバイスおねがいします

�元HDD(HDDレコ)→USB外付け接続、バックアップ用HDD→IDEまたはSATA接続(knoppixがインス-ルしてある内蔵HDD)

方法�外付けHDD(HDDレコの元HDD)を内蔵HDD(Knoppixインス-ル)にバックアップ

デスクトップ-----USB接続外付けHDD�
内蔵HDD(/dev/sda1)-----/dev/sdb1
  • DMR-XW100(パナ製HDDレコ、内蔵HDD250GB):『AcronisのDiskDoctor(試用版あり)中のDiskEditor機能』を使ってWD製250GBのHDDに先頭4GBほどセクターコピー。換装成功。 -- 2011-02-06 (日) 01:25:42

�元HDD(HDDレコ)とバックアップ用HDD→両方ともUSB外付け接続(SATA接続も含む)

方法�2つとも外付けにして外付けどうしでバックアップ

デスクトップ-----USB接続外付けHDD�-----USB接続外付けHDD�
内蔵HDD(/dev/sda1)-----/dev/sdb1-----/dev/sdc1
  • LDR-H51(LG製HDDレコ、内蔵HDD160GB):HDDの中を3つに分けているようです。(Gpartedでは分からなかったが、コントロールパネルの『ディスクの管理』でわかった。)この機種は、アナログ機種で普通に別のHDDに交換できるのでデータは消えても問題なし。デスクトップにHDDを外付けUSB2.0接続したせいかかなり時間かかった。SATA接続、USB3.0接続だともっと短いかな?いずれにしても失敗。デバイスが間違っているのでしょうか?EASEUS Disk Copyでもやってみます。 <圧縮> dd conv=sync,noerror bs=4096 if=/dev/sdb1 | gzip -1 > /media/sdc1/test.gz  <解凍> gzip -dc < /media/sdc1/test.gz | dd conv=sync,noerror bs=4096 of=/dev/sdb1 -- 2011-02-04 (金) 01:08:51
  • DMR-XW30(パナ製HDDレコ、内蔵HDD400GB):『Easeus Disk Copy』を使って日立製400GBのHDDにセクターコピー。5時間くらいかかった。換装成功。 -- 2011-02-06 (日) 01:15:28
  • DMR-BW800(パナ製HDDレコ、内蔵ATAHDD500GB日立製):『Easeus Disk Copy』を使って日立製ATA500GBのHDDにセクターコピー。HDD録画した番組にブロックノイズが走り、再生終了してしまう事象。5日かかって50% のところで、中断操作をして、換装成功。録画済み番組の視聴が成功。その後HDDレコのメニューから全フォーマットを行い、無事完了。 -- 2012-04-03 (火) 12:54:41

�元HDD(HDDレコ)とバックアップ用HDD→両方ともIDEまたはSATA接続(内蔵)

方法�2つとも内部接続にして内部接続どうしでバックアップ(OSのHDDは別)
※マザーボードにあるSATAが3つあるなら、SATA接続すれば一番お金がかからずバックアップ時間がもはやいでしょう。(※OSのHDDをIDE接続したらSATAは2つでいい)
※DMA転送を有効にできればもっとはやくなるかも

デスクトップ内蔵HDD�(/dev/sda1)
内蔵HDD�(/dev/sda2)
内蔵HDD�(/dev/sda3)
  • DMA転送を有効にしてSATA接続すれば時間もだいぶ短くなるのでは…?
    <圧縮> dd conv=sync,noerror bs=4096 if=/dev/sda3 | gzip > /media/sda2/test.gz  
    <解凍> gzip -dc < /media/sda2/test.gz | dd conv=sync,noerror bs=4096 of=/dev/sda3
    ※詳しい方情報お願いします。
    USB3.0は、USB2.0の10倍の転送速度らしいのですが、これについても情報提供お願いします。。 -- 2011-02-05 (土) 20:12:16

�その他

�書き込み可能なUSBフラッシュ版KNOPPIXによる起動
�KNOPPIXのCD版やDVD版による起動
をすればHDDにWINDOWSが入ったままでもできるかもしれないが、終わった後WINDOWSがきちんと起動しないことがあるので外して別のHDDにした方がいいでしょう。

  • DMR-XP11(パナ製HDDレコ、内蔵HDD250GB):『これdo台 PRO(KD25-35PRO)』を使ってWD製250GBのHDDにセクターコピー。かなり時間がかかったけど換装成功。これdo台 PRO(KD25-35PRO) http://www.century.co.jp/products/pc/hdd-copy/kd25-35pro.html  高いのでおすすめはしない。 -- 2011-02-06 (日) 01:47:32

ノートパソコン

接続によりsda、sdb、sdcと変わる
SATA接続、USB3.0接続、usb.2.0接続、E-SATA接続で時間が変わるのか?
9時間もかかるのは嫌だ、もっとはやくするには?
解凍途中でフリーズするのは、何が原因?(コマンド文がまちがている)
メモリは最低どれくらいあった方がいい?(フリーズするのはメモリ不足?)
空き容量はどれくらい必要?
「EASEUS Disk Copy」の方が簡単?
コマンドの本を見ても詳しく載っていない

方法として
方法�外付けHDD(HDDレコの元HDD)を内蔵HDD(knoppixインス-ル)にバックアップ
方法�2つとも外付けにして外付けどうしでバックアップ
※方法�は、失敗すると、再インストールや失敗ファイルなどの削除が面倒。また、内蔵HDD(OSインス-ル)は、大容量の2.5インチHDDを使うためHDD代が高くつく。3.5インチほど容量が大きいものないでしょう。
※方法�は、失敗と成功がわかりやすい。また、失敗してもHDDフォーマットが楽です。(USB接続にするとSATA接続よりだいぶ時間かかるので注意)

アドバイスおねがいします

�元HDD(HDDレコ)→USB外付け接続、バックアップ用HDD→IDEまたはSATA接続(knoppixがインス-ルしてある内蔵HDD)

方法�外付けHDD(HDDレコの元HDD)を内蔵HDD(Knoppixインス-ル)にバックアップ

ノートパソコン-----USB接続外付けHDD�
内蔵HDD(/dev/sda1)-----/dev/sdb1
  • この方法は、圧縮ファイルがノートパソコン内蔵HDDに保存なので2.5インチHDDで1TBや500GBは、3.5インチよりかなり高いので、バックアップHDDが大容量のときはおすすめしない 。近所のツートップ店では750GBが6770円です。1TBは、厚さが13〜14mm?と厚くノートパソコンに収まらないらしく、置いてないらしい(2011年2月現在) -- 2011-02-05 (土) 19:36:17

�元HDD(HDDレコ)とバックアップ用HDDは→両方ともUSB外付け接続(SATA接続も含む)

方法�2つとも外付けにして外付けどうしでバックアップ

ノートパソコン-----USB接続外付けHDD�-----USB接続外付けHDD�
内蔵HDD(/dev/sda1)-----/dev/sdb1-----/dev/sdc1
  • USB3.0は、USB2.0の10倍の転送速度らしい。だけどUSB3.0は、ノートパソコンにEXPRESSカード(従来より細長い)をさすところがないとつかえないので注意(最近の機種しかない)。ノートのe-SATAカード接続がデスクトップのSATA接続と同じくらいの転送速度らしい。 -- 2011-02-05 (土) 19:25:48

�その他

�書き込み可能なUSBフラッシュ版KNOPPIXによる起動
�KNOPPIXのCD版やDVD版による起動
をすればHDDにWINDOWSが入ったままでもできるかもしれないが、終わった後WINDOWSがきちんと起動しないことがあるので外して別のHDDにした方がいいでしょう。

アドバイスお願いします(その1)

(ノートパソコン環境)(CPU)pen4の2.4GHz (メモリ)512MB(内蔵HDD)30GB (KNOPPIX)6.2インストール
練習として

『10GBのHDDデータ(外付けUSB接続HDD、/dev/sdb1)』 を 『40GBのHDD(外付けUSB接続HDD、/dev/sdc1)』に圧縮保存し、

 それから逆に元のHDDに解凍してみた。

ノートパソコン-----USB接続外付けHDD�-----USB接続外付けHDD�
内蔵HDD(/dev/sda1)-----/dev/sdb1-----/dev/sdc1

(結果)圧縮は、うまくいったが、解凍は途中で必ずフリーズする。転送速度は、約11MB/秒のようだけどかなり時間かかった。

(方法)bzip2は、gzipより高圧縮だけど時間がかなりかかるので(しかも最高圧縮-9)、gzipの方がいいと思うのですが

�gzipでの方法
<圧縮> dd conv=sync,noerror bs=4096 if=/dev/sdb1 | gzip -1 > /media/sdc1/test.gz
(/dev/sdb1を/media/sdc1/にファイル名test.gz で圧縮保存)
 
<解凍> gzip -dc < /media/sdc1/test.gz | dd conv=sync,noerror bs=4096 of=/dev/sdb1
(/media/sdc1/のtest.gzファイルを/dev/sdb1に解凍)

�bzip2での方法
<圧縮> dd conv=sync,noerror bs=4096 if=/dev/sdb1 | bzip2 -9 > /media/sdc1/test.bz2  
(/dev/sdb1を/media/sdc1/にファイル名test.bz2で圧縮保存)

<解凍> bzip2 -dc < /media/sdc1/test.bz2 | dd conv=sync,noerror bs=4096 of=/dev/sdb1
(/media/sdc1/のtest.bz2ファイルを/dev/sdb1に解凍)
でやってみました。

上記のコマンド文で間違っているのでしょうか?詳しい方教えてください。よろしくお願いします。
 
<書き込み情報>

●gzipの圧縮率について
(-9から-1)
�最大圧縮は-9のときで      gzip -9 > /media/sdc1/test.bz2

�何も数字がないときは-6で    gzip  > /media/sdc1/test.bz2

�最小圧縮は-1のときで      gzip -1 > /media/sdc1/test.bz2

※�のときが一番圧縮時間が短いけど容量が増える。 

※-1の部分を--fastともでき、-9の部分を--bestともできる。同じになる 

●無圧縮のバックアップやリストアは、

�デバイスを umount する。または、シングルユーザモードに落とす。

� <無圧縮バックアップコピー> 
dd conv=sync,noerror bs=4096 if=/dev/sdb1 of=/media/sdc1/test.img (/dev/sdb1を/media/sdc1/にファイル名test.imgでイメージファイル保存)  

�<リストア> 
dd conv=sync,noerror bs=4096 if=/media/sdc1/test.img of=/dev/sdb1 (/media/sdc1/のtest.imgファイルを/dev/sdb1にリストア)

�(おまけ)5GB分リストアしたいときは、
dd conv=sync,noerror bs=4096 if=/media/sdc1/test.img of=/dev/sdb1 count=10000000

  • イメージファイルの中身みれるコマンド
    hexdumpコマンドでイメージファイルの中身みれるらしい。
  • セクターコピーできるソフト:
    �HxD(無料)HDD前頭のイメージをファイルに残せる。
    �WinHEX(有料)
    �Partition Image』:「NONE」、「bzip2」、「gzip」と選択してできるようです

●詳しい方アドバイスよろしくお願い致します。

アドバイスお願いします(その2) 

『EASEUS diskcopy2.3』でバックアップやってみる
(こっちの方が簡単で理解しやすそう)
フリーソフト『EASEUS diskcopy2.3』http://www7b.biglobe.ne.jp/~kyo-/HDDc/HDDc3.html

しかし、かなり時間がかかりそう。
HDDの接続のしかたやメモリの増設やHDDの回転速度やcpuなどの改善でどれくらい短縮されるだろうか?
詳しい方情報提供お願いします。

  • PCにつなぐとHDDが回転しないHDDレコーダー専用HDDは、ソフト(『EASEUS diskcopy2.3』など)でのセクターコピーはダメみたいです。
    �WD製WD1600AVBB(型番すぐ下にWD AVと表記) やMaxtor製7Y250P00628P8(HDD本体中央に『QuickVIEW』のロゴあり) など イメージファイル作れなかった。
    �HDD電源部分をPCではなくHDDレコーダーの4ピン電源を使ってみた。PC起動時にかすかに回転しているが『EASEUS diskcopy2.3』では認識してなかった。HDDのピンをマスター、スレーブと変えてもダメだった。再生や録画時のみ活発に動くみたい
    ※アドバイスお願いします急募。 -- 2011-02-14 (月) 14:06:22
  • ↑(実験報告1)外付け接続で認識ダメ(回転してない)。内蔵IDE接続(スレーブ)認識ダメ(回転してない)。やけくそになり、シングル、マスターでXPをインストールしてみた。するとちゃんとフォーマットして無事にインストール終わった。HDDのクラスタチェックしたが問題なかった -- 2011-02-15 (火) 14:24:52
  • ↑(実験報告2)『HDDレコーダー専用HDD』を『PC用の日立製120GB』に換装してはずしてPCにつなぐと『EASEUS diskcopy2.3』でちゃんと認識していた。(アナログ機種なのでセクターコピー不要。HDDの中は3つにわけられていた) これからわかったことは、中の構造やファイルシステムや画像(アナログ)を救済することがありそうなら、PC用HDDに換装して録画しておいた方が良さそうです。『これdo台』でできるか試してませんが、もっと安い機器でハード的にセクターコピーできるのがあればうれしいのですが。詳しい方情報お願いします。 -- 2011-02-15 (火) 19:28:50

アドバイスお願いします(その3)

HDDレコーダーの換装の場合
最初の5GBぐらいを交換HDDにセクターコピーしなければならない場合がある。

解凍に何時間もかけてから ちょろっとセクターコピ-するのも大変なので、無圧縮の方法でいいのがあれば情報ください。

<書き込み情報>

●512MB転送=1,000,000ブロックなので、5GB転送=10,000,000ブロック
dd if=/dev/sda of=/dev/sdb count=10000000と入力。

●5GB分を解凍は、gzip -dc < /media/sdc1/test.gz | dd conv=sync,noerror bs=4096 of=/dev/sdb1 count=10000000 (/media/sdc1/のtest.gzファイルを/dev/sdb1に5GB分を解凍)でできるかも

●『AcronisのDiskDoctor(15日間試用版あり)は、�ソフト起動(Windowsにて)→表示→手動モード→元HDDにカーソル→DiskEditor(左下)�DiskEditor画面がでたら→表示→16進 にしたらデータらしきものを見ることができる。

●ノートンゴーストは、
�有料で
�インストールするには、ネットにつなげないとうまくいかない(※ver9あたりから)
�色々なファイルシステムに対応しているかあやしい。(ext2、ext3、ext4、XFS、HFS、HFR+、reiserfs、reiser4、NTFS、FAT32、FAT16、linux-swapなどに対応しているかあやしい。)
�『BDZ-X90(sony製HDDレコ)でHDDのゴーストの複写でシステムエラーを回復した』との書き込みを見たことある。
やり方詳しい方情報提供お願いします。

●『EASEUS Disk Copy』は、CDに焼いてCD起動する。部分コピーできるのだろうか?詳しい方アドバイスよろしくお願い致します。

アドバイスお願いします(その4)

PCにつなぐとHDDが回転しないHDDレコーダー専用HDD(まれにある)は、ソフトでのセクターコピーはダメみたいです。 

表記の意味

シーゲイトIDE接続HDD(3.5インチ)のとき
5V---0.65A
12V---0.41A
とあるが
4ピン電源(電圧が2つあってどっちと思うかもしれないが4ピンの両端にある)

○○○○

※左から����とすると

����

注、シーゲイトの場合説明すると

位置
説明12V
モーター電源
グランド
直流の0V電源
グランド
直流の0V電源
5V
PCPA制御

らしい(他のメーカーは知らないので注意)

メーカー型番電圧と電流コメント(ファームバージョンなど)
WD製WD1600AVBB (型番すぐ下にWD AVと表記) 5V---0.65A
12V---0.41A
Maxtor製7Y250P00628P8 (HDD本体中央に『QuickVIEW』のロゴあり)5V---0.67A
12V---0.96A
シーゲイト製ST3160022ACE 5V---0.72A
12V---0.35A
ファーム9.51
SAMSUNG製HA200JC
日立製情報ください

※電流(A)が少ないというより、ファームが原因と思うのですが、詳しい方情報お願いします。

他のメーカーのHDDレコーダー専用HDD型番(PC不可)教えてください

  • SAMSUNG(サムスン)製HA200JCもHDDレコーダー専用HDDのようです。 -- 2542? 2011-03-18 (金) 08:32:24
  • Maxtor製 7Y250P00628P8 (HDD本体中央に『QuickVIEW』のロゴあり) �5V---0.67A �12V---0.96A �ファームは、PC不可でHDDの表面に表記されてないのでわからず。 --2011-04-26 (火) 16:41:06
  • BZT900のHDDはAV専用仕様みたい http://panasonic.jp/diga/blu-ray/bzt900/premium.html --2011-04-30 (土) 06:44:50

§KNOPPIXについて

  • KNOPPIX6.2(DVD版)インストール
    �インストールは、DVD起動→左下アイコンクリック→設定→knoppix HD install でできる。
    �HDDのフォーマットは、左下アイコンクリック→設定→Gparted で可能
    �HDDは、空き10GB以上、メモリは、768MB以上 おすすめ
    ※スペックが低くメモリが少なくてフリーズしやすいときはKNOPPIX5.3.1(CD版)すすめる。
  • KNOPPIX6.2(DVD版)をインストールして再起動したらマウスポインタが消える(右クリックしたら場所はわかるけど)症状でたら、
    ⇒インストール失敗なので再インストールすれば直る。
  • pen4の2.4GHzのノートパソコンにKNOPPIX6.2(DVD版)をインストールしたら、起動後の画面の上の方に1本と下の方に1本ノイズらしい線がはいります。何回インストールしても出ます。KNOPPIX6.0.1(CD版)では出ません。メモリは512MBです。よくフリーズするので768MBしようと考えています。内蔵HDDは、Knoppix6.2で8GBくらい使っているみたいなので30GBにしています。詳しい方情報ください。よろしくお願いします。 -- 2011-02-02 (水) 04:23:43

「EASEUS Disk Copy」について

Easeus Disk Copyの使い方 http://www7b.biglobe.ne.jp/~kyo-/HDDc/HDDc3.html

パソコンのハードディスクドライブを丸ごとコピーできるフリーソフトです。
システムを含めコピーできるのでハードディスクドライブを交換するのに大変便利です!
コピー先のハードディスク容量が大きくても大丈夫です。USB接続にも対応しています。
入手先:http://jp.easeus.com/disk-copy/home-edition/
動作OS:Windows95/98/Me/NT/2000/XP/Server 2003/Vista

未使用領域をパーティションに組み込むには「GPartedLiveCD」を使用します。
OSがwindows2000以降なら「EASEUS Partition Manager」が簡単です。

(おまけ1)ddコマンドとDMA転送

※ddコマンドは途中経過とかを一切表示しないので、転送速度を調べて大体のコピー時間を予測

※ddコマンドは途中経過とかを一切表示しないので、転送速度を調べて大体のコピー時間を予測
とりあえず1,000,000ブロック=512MB転送してみよう
# dd if=/dev/had of=/dev/hdb  count=1000000と入力。
読み込んだブロック数は 1000000+0
書き込んだブロック数は 1000000+0
512000000 bytes transferred in 37.072037 seconds (13810949 bytes/秒)


14MB/秒弱という結果が出ましたので、全ディスク250GBでは、
250,000(MB)÷ 14(MB/s)÷60 ÷60 = 4.9(時間)

※DMA転送を有効にして、転送速度アップ

※DMA転送を有効にして、転送速度アップ
# hdparm -d1 /dev/hda と入力。
/dev/hda:
setting using_dma to 1 (on)
using_dma = 1 (on)


これでDMA転送有効。ちなみに
/dev/hdaがDMA無効のとき、3.61 MB/秒
/dev/hdaがDMA有効のとき、58.31 MB/秒


※DMA有効のときの転送速度の調べ方は(ベンチマーク)
# hdparm -tT /dev/hdaと入力。
/dev/hda:
Timing cached reads: 3532 MB in 2.00 seconds = 1765.39 MB/秒
Timing buffered disk reads: 176 MB in 3.02 seconds = 58.31 MB/秒

(おまけ2)HDD読み込み成功例orファイルシステム情報まとめ

[#ud774141]
HDDデータの救出(HDDレコーダ−) http://wiki.nothing.sh/2335.html

本体
メーカー
HDD読み込み成功例orファイルシステム情報まとめ

RD-E300は、ddコマンドで「奇数バイトと偶数バイトが逆になっている」のを変えてUDFにする。
情報源http://hanposaki.blog.so-net.ne.jp/2009-03-25
http://www28.atwiki.jp/jennychan/pages/14.html
RD-XS40のようなフォーマット形式無の場合、格納データ形式より管理OSの種別を推定し、利用ツール選定、スキャン作業で可能らしい)
パ

ソ


2005年前後の200GB(HDD型番がHA200JC)モデルがレコーダー専用HDDのため不可能。
DMR-E100Hのようなフォーマット形式無の場合、格納データ形式より管理OSの種別を推定し、利用ツール選定、スキャン作業で可能らしい)



プ
ある検出ツールでは、格納データ形式が、HFSX (Mac OS-Xサーバーのファイルシステム)として検出される機種があるらしい
パ



ア 
通常、他社のレコーダのHDDは「未設定」と表示されるためコピーが出来ませんが、パイオニアの場合のみ、Windowsなどのコピーツールでコピー可能らしい
ソ

※業者によれば、2005年式以降の機種では不可とのこと。 
(データを検出しても電子シュレッダーで処置をされたような内容が検出されるため)2005年以前の場合は復元可能らしい

仕様が年式により多様に変化している。
DV-DH1000Wについては、他メーカーでは確認できないUDFの領域が確認でき、VOBフォルダの中にIFOファイルがある
L
G
※LG製LDR-H51のHDD(160GB)は、コントロールパネルのディスクの管理(ローカル)でみると次の3つにわかれていた。
148.70GB正常(不明なパーティション)200MB正常(不明なパーティション)148.85GB(未割り当て)(※3番目は関係ないかも容量オーバーするので)
一方のGpartedでみると「未割り当て」とだけで分割状況まではわからなかった。よってGPartedよりコントロールパネルのディスクの管理(ローカル)の方がわかる場合あり。

(※注意、コントロールパネルのディスクの管理(ローカル)とは、コントロールパネル⇒管理ツール⇒コンピュータの管理⇒記憶域⇒ディスクの管理<ローカル>クリック)
※LDR-H51のファイルシステムが見当つかないので、成功者の方情報下さい。急募 東芝のようにHDDを解析すべきかな?
http://www28.atwiki.jp/jennychan/pages/14.html
http://www.teclab.co.jp/download.html
 

※NEC製AX-300についてはメーカー公表の通りのレコーダとサーバーの中間的な仕様で、他社と違い内部の管理はOSとしてLinuxがメモリーではなくHDDにインストールされており複数のパーテーションに分割されてパソコン用ツールですべて確認可能で、データは最後の分割領域の「fs無し」に収録されており復元は可能らしい。
※ビクターの場合、内容的にはパナソニックやバイオニアと同じく消去データ及び、故障時の救出は同一の傾向がありますが、ホームビデオの収録についてはデータの保存形式が利用するカメラにより違うので注意

※「HDDレコーダー」のフォーマット形式について

※「HDDレコーダー」のフォーマット形式について
HDDのフォーマットやパーティションのツール(GpartedやQTPartedなど)で「レコーダ搭載のHDD」をパソコン上で表示させると、大部分は「未設定」「フォーマット無」「unallocated」と表示されるらしいです。

(理由)「管理OS(ほとんどUnix/Linuxで、メーカーや機種により仕様が総て違う)は、基板のメモリーに格納されており表示はされない。(※HDDは、単に「データの格納」のみのため)


※わかりやすい例では、
�パイオニア製の場合、「386BSD/FreeBSD FS無」と表示される。
� パナソニック製の一部(最近の機種)の場合、初期化(HDDレコーダーでの)をしなくても、直ぐにHDDが使える機種がありますが、これは、「搭載HDDは、単にデータの格納のみ」だからです。

※「救出・復元不可能の機種」について

※「救出・復元不可能の機種」について2009年12月現在
★パナソニックの場合 2005年前後の下記の2つの200GB HDDの機種が不可能。(DMR−EH73(71)V など)
�HDD型番 HA200JC (SAMSUNG製)
�HDD型番 WD2000BB (WesternDigital製)で、中身の仕様が�と同じもの(つまり、HA200JC (SAMSUNG製)であるもの)
(理由)HDDレコーダー専用仕様のため。レコーダー本体から外し電源を加えてもモーターが回転しない。
※その他のHDD型番SV16**などは、救出・復元は可能です。
★Sonyの場合
年式2005年前後の境界線の機種でまちがって初期化した場合、データは検出してもデータが再生ができません。そのため消去データの復元はできません。(2005年以前の場合は復元に成功している。)
(理由)電子シュレッダーで処置をされたような内容が検出されてきます
★東芝の場合
編集途中でのエラーによるデータ破損したものは、救出は不可能(東芝は、編集途中でエラーなどが起こりやすいので注意)
★日立 製の一部の機種で状態により不可能

(おまけ3)成功例or失敗例orアドバイスなど(総合)

総合報告

  • パナソニック製BW200にコードスキャン。DMR基本面とデジタル放送拡張面の2つあるので面倒だった。中身は、Linuxでファイルリストが見れる。/tmp/.X11・nnix/など -- 2010-06-03 (木) 00:18:55
  • 『acrnis disk director suite 10 .0』を活用して色々出来ないかな…。シャープ製HRD2/HRD20にて、�ddコピーしたHDDをPCにつなぐ�『acrnis disk director suite 10 .0』のdisk editor を起動�HDDの先頭セクターから70000000(70MB)をファイル(HRD00)に保存。�バイナリeditorでHRD00を開く。�HRD2なら、02000627 02・・・・・・ 02・・・・・・ 02・・・・・・ 02・・・・・・ の02→00に書き換え保存。(HRD20なら、03→00、69→6A、9A→6A、HRD32に保存) というようにHDD-ID情報を書き換えた人がいるようです。 -- 2010-06-03 (木) 01:22:55
  • 参考http://m.kakaku.com/bbs/bbs_view.asp?pid=1886630&page=11#content -- 2010-06-03 (木) 01:40:54
  • DV-HRW40:HDDぬいて内容をざっくり見てみた。0セクタ(通常のPC用途ならMBRのはず)は、全部0xAA。全く独自形式なことがわかる。2セクタ 「HDDFS 00.07」という文字列。シャープが決めた、HDDのファイルフォーマットとバージョンかね。4セクタ。ディレクトリエントリらしき文字列が。「FONT_DAT.DAT」とか「FEP_DIC.DAT」とか、いかにも本体の動作に関係しそうなファイル名が30個ほど。末尾に、AV001_00.MPGというファイル発見。なに、MPGだと!? こりゃ直抜きできるかもな。どうやらファイル名は、DOSと同じく、8文字+3文字の取り決めのようだ。そこから空白がずいぶん続き、変化が出たのは18563セクタ。UINT-DATA-JP-20013 という記載。なんなんだろ、これ。-- 2010-06-05 (土) 05:22:31
  • ↑DV-HRW40続き:LBAセクタ2048259以降が映像データっぽくて、偶然MPEGヘッダを見つけたので、そこから試しに5MB分抜き出した。拡張子をMPGにしてWindowsMediaPlayerに放り込んだら、見事に音声付き動画を再生できた。<基本情報>※ファイル:test.mpg 。 ※形式:MPEG2/System-PS / ※サイズ:5,120,512 (4.88 MB) / 再生時間:4s 。※ファイル整合性:最終パケットのデータ長がおかしい.尻切れファイルまたは破損ファイルです.  1)PROGRAM_END_CODE(0x000001B9)がありません ※尻切れなのは5MBだから当たり前として、フォーマット自体は標準的なMPEG2PS形式なことが判明した。これなら、削除済み動画の抜き出しや、管理領域が死んで再生不能なHDDから映像を救出できるよ。フラグメンテーションが進むと、つぎはぎ作業が必要だけど。※ビクター機とSONY機は、内容が暗号化されていて、解析が進まず断念したが、シャープは超簡単だった。。-- 2010-06-06 (日) 15:42:38
  • 日立のDH1000WをKnoppixでマウント(�HDDは、USB接続で外付け�Knoppixは、LiveCD版を使ってCD起動)しました。すると、UDF領域にフォルダがいくつかあり、容量120MB位のファイル(1分単位?)がいくつか並んでいる。他の250T/250W/250D/250S/400T/500W/500D/500S/1000D/1000Sでもファイルを見れるのですか?この機種お持ちの方情報お願いします。それぞれのシリーズでの成功例、失敗例が知りたいので、情報下さい。 -- 2010-06-10 (木) 19:12:56
  • BW880のHDDをいじるときの注意点:�ネジ4本さらに全面パネルを外さないとHDDが外れない。�BW870の場合、MKBの部分(例えば)を1バイトでも書き換えると『HDD異常→HDDフォーマット』で新しいV12のMKBに直されていた。しかしBW880では『HDD異常→HDDフォーマット』直後に、「フォーマットが必要です」と表示し再フォーマットしても同じ表示。HDDを確認すると書き換えたところはそのままになっている。V12のMKBを書き込みに失敗する。※HDDいじるときは、必ずバックアップをしてやること。�BW880 は、V14(OE)→V12(OC)まで戻せるが、V14もV12も変わりはないようです。�BW880を電源未投入状態で1TBのHDDイメージを圧縮バックアップ(最高圧縮率-9)すると次のようになった。bzip2では容量577MBで9時間かかった。また、gzipでは容量1541MBで5時間かかった。※容量をとるか時間をとるかで使い分け。 -- 2010-06-12 (土) 11:38:54
  • DVDドライブが壊れて起動しなくなった DV-AS55 (パナソニックDMR-E80HのOEMらしい) のHDDデータを取り出したいので、ジャンパピンでMasterにしてからIDE-USB変換器でKnoppixに接続。GPartedではファイルシステムが認識されず。ddでコピーして中身を見たところ、"dvdvrx010"等の文字列は確認できたのでバイトスワップはされていない模様だが、これ以上はどう手をつけたらいいか分からない状態。 -- ヒロロ 2010-07-29 (木) 22:19:26
  • 日立 DV-AS55 の続き。80GBは何をするにも大きいので1GBずつ分割してみたところ、0x000001baというpack_headerが定期的に現れていることを発見。そのまま動画再生ソフトで開いたらMPEG-2として普通に再生された。サイズで分割しただけで番組ごとになっていないので、あとはどうやって番組の区切りを見付けて分割するかが問題。 -- 2010-07-30 (金) 20:57:10
  • Victor DR-MX10のOS は、VxWorks(RTOS)だと判明。 素のデータはまんまddで引っ張れるけど、ファイルがみたければrts11fsが欲しい・・・ -- 2010-08-21 (土) 07:08:22
  • 参考:復元サルベージソフト総合7http://c.2ch.net/test/-/software/1254480351/1- -- 2010-12-13 (月) 12:55:12

(おまけ)HDDレコーダー記録形式

HDDレコーダーと言われているものは、複数の記録形式が存在しています。BSD系、Linux系、FAT32系、HFS+などに大別されます。BSD系、Linux系のフォーマットがよく民生用(バイオニア 松下、ソニー 東芝 日立など)のHDDレコーダーで使われているとのことです。

OS主なファイルシステム
BSDFree BSD ---- インストールややこし。
PC-BSD ---- FREE BSDをベースに開発。簡単にインストールでき、すぐに利用できる。おすすめ 
その他にOpen BSDやNetBSDなどがある。
(※UFS1,UFS2など)
LinuxDebian系---Debian、Knoppix、Ubuntu、Kubuntu
RedHat系---Fedora、CentOS、Turbo、OpenSUSE、Vine
Slackware系---Slackware、Plamo、Slax
その他にAsianux(日中韓)やMandrakeなどがある。
(※ext4,XFS,UDFなど)
MacMAC OS 7.0〜9.2(HFS/HFS+)
MAC OS X 10.xx(HFS/HFS+/UFS)
UnixSolaris、HP UNIX、SCO Open Server/UnixWare(HTFS,EAFS,VxFS,UFS)
WindowsWindows Vista、Windows XP Pro、Windows XP Homeなど
(※NTFSやFAT32など)

※参考1
(1)フリーソフト「GParted 」(Knoppix、Ubunntu環境にて)※ファイルシステムは、次の13種類、 ext3 ・ext2・linux-swap ・NFFS ・UFS ・XFS・JFS ・reiser4 ・reiserfs ・FAT16 ・FAT32  ・HFS ・HFS+ がわかる
http://pctrouble.lessismore.cc/software/gparted.html
http://pctrouble.lessismore.cc/software/gparted_livecd.html
 
※GParted Live CD版 もある。
※似たようなもので「QTParted」というのがある。
 

(2)「PhotoRec」※ファイルシステムはFAT、NTFS、EXT2/EXT3、HFS+に対応。※ファイルシステムUDF対応ソフト情報教えて下さい。(東芝などで使用したい)

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070720_photorec/


(HTML conversion costs 0.019 sec.)