リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
110Gd BIOS解析によるバージョン毎CPU対応一覧 
http://wiki.nothing.sh/1848.html

█ 110Gd BIOS解析によるバージョン毎CPU対応一覧

Last-modified: 2009-08-13 (木) 17:23:01 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/1848.html / add to hatena bookmark 2(2) users / add to livedoor clip - users

110GdでのBIOS解析による、BIOSバージョン毎のCPU対応一覧です。

  • BIOS 1.0.0023 でサポートされているCore2系CPU (NetBurst系は省略)
    • マイクロコード有り
      必ずしも最新のコードという訳では無いので、OSでのアップデートは何れにせよ必要。
      同一シリーズ内でも、ステッピングにより対応していない物がある。
      • Xeon 3040/3050/3060/3070 (B2) CPUID=06F6h; PlatformID=0
      • Xeon 3040/3050 (L2) CPUID=06F2h; PlatformID=0
      • Core2 Extreme X6800 (B2) CPUID=06F6h; PlatformID=0
      • Core2 Duo (E6540)/(E6550)/(E6750)/(E6850) (G0) CPUID=06FBh; PlatformID=0
            →FSB=1333MHzで、チップセットがオーバークロックとなる為、動作は疑問。動いたとしてもマザーボード個体差大。
      • Pentium Dual-Core E2140/E2160 (G0) CPUID=06FBh; PlatformID=0
      • Pentium Dual-Core E2140/E2160 (L2) CPUID=06F2h; PlatformID=0

  • BIOS 1.0.0023 → 1.0.0024 でのCPUサポート変更
    • マイクロコードが追加されたCPU
      必ずしも最新のコードという訳では無いので、OSでのアップデートは何れにせよ必要。
      • Pentium Dual-Core E2140/E2160/E2180/E2200/E2220 (M0) CPUID=06FDh; PlatformID=0
      • Celeron Dual-Core E1200/E1400/E1500 (M0) CPUID=06FDh; PlatformID=0
      • Celeron 420/430/440/450 (A1) CPUID=10661h; PlatformID=0
    • マイクロコードが削除されたCPU
      • CPUID=06F1h; PlatformID=2
      • CPUID=0F44h; PlatformID=0,2,3,4,7

  • BIOS 1.0.0024 → 神BIOS 1.0.0024Q でのCPUサポート変更
    • マイクロコードが追加されたCPU(品名にカッコ付きは、FSB=1333MHzなので動作不可)
      • Core2 Quad Q6600/Q6700 (G0) CPUID=06FBh; PlatformID=4
      • Core2 Quad Q6600 (B3) CPUID=06F7h; PlatformID=4
      • Xeon X3210/X3220/X3230 (G0) CPUID=06FBh; PlatformID=4
      • Xeon X3210/X3220 (B3) CPUID=06F7h; PlatformID=4
      • Core2 Extreme QX6800/(QX6850) (G0) CPUID=06FBh; PlatformID=4
      • Core2 Extreme QX6700/QX6800 (B3) CPUID=06F7h; PlatformID=4
    • マイクロコードが改版されたCPU(品名にカッコ付きは、FSB=1333MHzなので動作不可)
      • Core2 Duo (E6540)/(E6550)/(E6750)/(E6850) (G0) CPUID=06FBh; PlatformID=0
      • Celeron 420/430/440/450 (A1) CPUID=10661h; PlatformID=0
           Rev32 2007/03/16 → Rev38 2007/09/19
    • マイクロコードが削除されたCPU
      • CPUID=06F4h; PlatformID=0,2,4,5,6,7
      • CPUID=06F5h; PlatformID=4,6

  • (参考)
    • BIOSやWindowsOS内のマイクロコード情報をダンプするツール: ct35zさん作 Intel Microcode List
    • CPUの品名とCPUIDの関連付け: Intel社 Processor Spec Finder
    • PlatformIDの意味: 公式な資料を発見出来なかったので推測 = 「0=LGA775 シングルダイ」、「4=LGA775 デュアルダイ」 (参考サイト
    • CPUが現在実行しているマイクロコードの版数を見る: CrystalCPUID → Microcode ID
    • Phoenix BIOS Editor では、Rel. 2.2.0.1 を使用すれば、展開/閲覧可能。(アップローダより無料入手可)
      • 実機から吸い上げたBIOSの場合、Boot Block (0x10_0000〜) の先頭 27 byte にヘッダを付加する必要有り。

(HTML conversion costs 0.018 sec.)