リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
110Gx BIOSツール情報 
http://wiki.nothing.sh/1842.html

█ 110Gx BIOSツール情報

Last-modified: 2013-11-11 (月) 12:25:55 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/1842.html / add to hatena bookmark 0 users / add to livedoor clip - users

110Gd/Ge,S70共通の、BIOS書換え/バックアップ・ツール、BIOS復旧方法の情報です。
110Gd/Ge機種個別情報の場合は、機種名を明記してください。

BIOS

  • 110GモデルのBIOSは、Phoenix TrustedCore Server: Ver 1.0。本格的なサーバーで使用されるVer 6.0の物とは異なる。
  • SモデルのBIOSは、Phoenix TrustedCore DeskTop: Ver 6.0。
  • Phoenix社よりリリースされている、BIOS書換え/バックアップ用ツールは、次の2つ。
    • DOS版 phlash16.exe: NECのアップデートモジュールに同梱。Windowsのコマンド プロンプト(DOS窓)での作業は厳禁。
    • Windows版 WinPhlash: 様々なメーカー製PCのダウンロード・サイトより入手可能。
      • Gateway社提供のVer 1.6.5.6 使用で、110Gd にてWindows Vista (x86) 上からバックアップ/アップデート成功との報告有り。
  • BIOS破損時の復旧方法
    • Phoenix BIOSでは、ブートブロックが破損していなければ、画面表示されていなくても、フロッピー・ディスクによる復旧が可能。
    • マザーボード上の「RECOVERY1」ジャンパ (110Gd, 110Ge) を設定し電源投入すると、フロッピー・ディスクを読み込む。
      • 【重要】: 実行前に、SATA/PATA/USBに接続されている全てのデバイスを取り外す事。
    • Crisis Recovery Diskの作成には、Phoenix社の wincris.exe を実行する。
      • 110Gdでは、神様作成のキットを利用すると楽。
      • こちらに紹介の Garda2_CRISDISK を「附件下载」し、phlash16.exe と bios.wph を110Gモデル用に置換えFD作成で、復旧成功との報告有。
      • (↑が消えているようなので...) こちらのリンクからダウンロードしたCrisis Toolでもphlash16.exeとbios.wphの置き換えで110Geにて復旧成功。これも消えてたら、wincris.exephlash16.exeでググるといいかも。
      • 各ファイルの詳細説明は、こちらのサイトのPDFに記載有り。

(HTML conversion costs 0.017 sec.)