リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
BIOS改造によるCPU換装時の爆音対策 
http://wiki.nothing.sh/1995.html

█ BIOS改造によるCPU換装時の爆音対策

Last-modified: 2011-01-15 (土) 23:45:23 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/1995.html / add to hatena bookmark 1(1) users / add to livedoor clip - users

爆音対策

使用するツール

手順

BIOSの改造は、自己責任でお願いします。

  1. BIOSイメージの保存
    1. AFUWIN で「Save」を押して BIOSイメージを amiboot.rom というファイル名で、起動可能なUSBメモリに保存(または AFUDOSを使用)。
      • 更新失敗時のリカバリ用として保存しておく事。
      • BIOSイメージには、機種名や個体毎のシリアル番号等が含まれているので、改造には該当個体からダンプした物を使用する事。
      • AFUDOSなら「AFUDOS /oamiboot.rom」
  2. BIOSイメージの編集
    1. MMTOOLで「Load ROM」を押して読み込む。
    2. 「Extract」タブでModule ID:1B を 「In uncompressed form」 にチェックして適当な名前のファイルへ「Extract」を押して書き出す。
    3. 書き出したファイルをバイナリ・エディタで開き、「<Q><9><4><5><0>」 (0x49487) の文字列を 「<SP><C><P><U><SP>」 に、
      または、「<SP><4><3><0>」 (0x49459) の文字列を 「<SP><C><P><U>」 に書き換える。
      • CPU個別のプロセッサブランドストリングは、CPU-Zの「CPU」タブ「Specification」欄で確認可能。
        先頭から「@」の直前までの48バイト。ここに「_CPU_」 (_はスペース) の文字列があれば適用可能。
      • 他の方法として、「<E><7><2><0><0>」 (0x49493) の文字列をプロセッサブランドストリング中のCPU名に書き換える
        (初期Core2系の場合、「<SP><4><3><0>」 (0x49459) の文字列を同中の英字無しCPU番号に書き換える) という方法も有る。
      • Module 1B ファイルのバイト数を増減させない方が無難。
      • 2つ目のCPUリストで、アドレス 0x49423 以降の部分の他の文字列を使用しても良いが、認識されない場合が有る。
    4. 編集したファイルを、MMTOOLの「Replace」タブで Module ID:1B として「Replace」を押して読み込む。
    5. 「Save ROM as」 を押して別のファイル名で保存する。
  3. BIOSイメージの書込み
    1. 別名で保存したROMファイルを AFUWIN または AFUDOS で書き換える。
      • Boot Blockは書き換えない事を推奨。
        NVRAM のプログラム、Destroy CMOS Checksumは忘れずに。
      • AFUWINでは、「Setup」タブの「Block Option」で、「Boot Block」のチェックを外す
        「Main BIOS Image」と「NVRAM」のみにチェックを入れる。
        「Setup」タブの「CMOS Option」で、「Destroy CMOS Checksum」にチェックを入れる。
      • AFUDOSでは、「AFUDOS ROMFILE /P /N /C」
  4. 再起動
    • BIOSの再設定を忘れずに。特にRAIDモードの変更。

更新失敗時のリカバリ

  • ブート可能なUSBメモリに amiboot.rom というファイル名でBIOSイメージを入れ、起動時に「CTRL + HOME」を連打する。

CPUマイクロコードの入れ替え

  • MMTOOLは使用せず、直接バイナリ・ファイルを編集し、マイクロコード部分を置き換える。
    • チェックサムは無い模様。
Location=0x91020 : size=0x0800, cpuid=0x00F65, package=0x04, PlatformID=2
Location=0x91820 : size=0x1000, cpuid=0x006F6, package=0x01, PlatformID=0
Location=0x92820 : size=0x1000, cpuid=0x006F7, package=0x10, PlatformID=4
Location=0x93820 : size=0x1000, cpuid=0x006F2, package=0x01, PlatformID=0
Location=0x94820 : size=0x1000, cpuid=0x006FD, package=0x01, PlatformID=0
Location=0x95820 : size=0x1000, cpuid=0x006FB, package=0x10, PlatformID=4
Location=0x96820 : size=0x1000, cpuid=0x10661, package=0x01, PlatformID=0
Location=0x97820 : size=0x1000, cpuid=0x10676, package=0x10, PlatformID=4
Location=0x98820 : size=0x1000, cpuid=0x10676, package=0x01, PlatformID=0
Location=0x99820 : size=0x1000, cpuid=0x10677, package=0x10, PlatformID=4
Location=0x9A820 : size=0x2000, cpuid=0x1067A, package=0x11, PlatformID=0,4

(HTML conversion costs 0.017 sec.)