リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
BIOS復旧手順 
http://wiki.nothing.sh/2152.html

█ BIOS復旧手順

Last-modified: 2009-10-07 (水) 19:14:14 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/2152.html / add to hatena bookmark 0 users / add to livedoor clip - users

NEC Express5800/S70 タイプSD

BOOT BLOCK はPC の起動(Boot)に必要な最小限のデバイスであるCPU,メモリ,ビデオカードおよびフロッピーディスクを構成する機能をサポートします。
BIOS のBOOTBLOCK 以外の領域はSYSTEM BLOCK と呼ばれ,ここにM/B の持つ色々な機能をサポートするプログラムが格納されます。新CPUへの対応、バグフィクス等、一般にはこの部分が更新の対象になります。

この部分が破損すると,以下に述べるBIOS の回復方法は適用できません。

AMI BOOT BLOCK BIOS の修復

AMI BIOS のBOOT BLOCK には,BIOS Recovery Routine と呼ばれるプログラムが内蔵されています。次の手順で破損したBIOS を修復できます。

  • あらかじめBIOSイメージの保存をしておく(参照http://wiki.nothing.sh/1995.html
  • 2GB未満のUSBメモリを準備する(4GBのUSBメモリを2GB領域に分けても可能かどうかは不明)
  • USBメモリをFAT16でフォーマットし、AMIBOOT.ROMをこのUSBメモリにコピーする
  • 準備したUSBメモリをPCに挿入し起動時にCTRL+HOME連打
  • USBメモリのアクセスランプが点滅し,読込みが行われていることを確認する
  • ビープ音が1回鳴った後、モニタにBIOS書き換え中の表示(英文等?)が20秒前後続く
  • 書き換え終了後、自動でPCが再起しNECの起動ロゴが表示され正常に起動する
  • 正常起動しなければ,BIOSファイル名、USBメモリ容量が2GB以内かどうか、フォーマットがFAT16かどうかを再点検し最初の手順に戻る

正常起動すれば,BIOSの修復は完了です。


(HTML conversion costs 0.018 sec.)