リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
活用事例 
http://wiki.nothing.sh/43.html

█ 活用事例

Last-modified: 2012-09-23 (日) 08:58:34 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/43.html / add to hatena bookmark 0 users / add to livedoor clip - users

True Image

True Image/活用事例

セキュアゾーン・リカバリマネージャ

7.0から新機能として搭載されたセキュアゾーン?リカバリマネージャ?ですが、コレがどう便利なのかってのをちと解説。ってか、適当に解説してくだしあ。

CASE 1: 基本的にHDDからしかブートできない環境

例えば、 1 スピンドルのサブノート PC 等は、基本的に HDD しかブートできません。なので、外付けの CD ドライブを購入したりしない限りは、 OS の入れ替えすらままなりません。
そういう環境では、リカバリマネージャ?を単に保険としてのバックアップではなく、利便性を向上させるために使うことができます。

何とか頑張って*1作り上げた環境を一度セキュアゾーンにバックアップしておけば、次からの再インストールは、マシンを再起動してリカバリマネージャ?に入り、 10 分程度のリカバリで終わり。サクッとクリーンな環境に戻すことができます。
また、その時に最新の HotFix やサービスパックを充てて差分バックアップを取れば、最新のクリーン環境(って呼ぶのも変ですが)を保持しておくことができます。

ある意味 ThinkPad の Disk To Disk のようなものです。*2

また、 HDD にバックアップなんか取る容量ないよなんて人でも、リカバリマネージャだけインストール (約36.9MB) すれば OK 。リカバリはネットワーク経由でも行えるので、ネットワーク上のドライブにバックアップしておけば、そこからリカバリすることが可能です。


*1 HDD取り外して、デスクトップ機でフォーマット&必要ファイルコピーして云々...いや外付けCDドライブ買えよって話ですが、そうサクッと買えれば苦労はしません...
*2 最近は HPA とかいうらしいですが

(HTML conversion costs 0.017 sec.)