リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
SU-10000 
http://wiki.nothing.sh/1428.html

█ SU-10000

Last-modified: 2007-08-15 (水) 04:52:58 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/1428.html / add to hatena bookmark - users / add to livedoor clip - users

Vintage Technics 愛好会/コントロールアンプ(プリアンプ)

SU-10000 仕様

型番SU-10000
発売年 (発表年)1972年(S47)
価格450,000円(標準価格/受注生産)
形式ソリッドステートステレオコントロールセンター
PHONO入力感度/インピーダンス1mV/30,50,100kΩ(LOW)
3mV/30,50,100kΩ(HIGH)可変
定格出力/インピーダンス1V/600Ω
最大出力/インピーダンス10V/600Ω
歪率0.01%以下
PHONO許容入力450mV(LOW)、1,350mV(HIGH)
PHONO・SN比74dB(3mV感度)
消費電力40W
寸法W:440, H:180, D:397.5 (mm)
重量14Kg

※1973年アンプ総合カタログよりのデータです。

オーナー、元オーナーコメント

SU-10000_C01.jpg
SU-10000spec.jpg

限界への挑戦−
これがテクニクスのオーディオづくりの原点です
テクニクスのオーディオ機器・・・・・・・・・・
そこにはオーディオとは何か、原音再生とは何かを
徹底的に追求するテクニクスのポリシーが息づいています。

ここ数年来、世界の注目をあびるほどの急速な発展をとげな
がら、それにふさわしい評価をされていないうらみもあるのが
わが国のオーディオ製品です。
このような現状をくつがえし、我国のオーディオ製品を世界
に示すべく、テクニクス技術陣の総力と長年貯えてきた研究開
発の成果を、徹底して性能向上そして再生音の追求に向け、い
っさいぼ妥協を排して製作。ついに世界の一級品の評価を受け
るにふさわしい内容を備えたアンプを完成・・・それが10000
シリーズです。

《Technics 10000シリーズ》
テクニクス技術陣の総力を結集。長年蓄えてきた技
術力と研究開発の成果を、徹底して性能向上と再生音
の追求のみに向け、生産性・価格などは度外視し、いっ
さいの妥協を排して製作した「作品」です。
10000シリーズは、現時点でのオーディオアンプの究極
の姿を示すものであり、最新のテクニクス技術力の
報告でもあります。と同時に、音響製品に対するテク
ニクスの姿勢を示す宣言でもあります。

《SU-10000》
雑音が少なく、大入力でも歪まないことがプリアンプの絶対条件です。
SU-10000では、3段直結差動増幅とエミッタフォロワの4段直結回路構成
そして162Vという高い電圧を用い最大許容入力1,350mV(3mV感度)の
イコライザ段・トーンコントロール回路にも差動増幅器を採用。
ボリウムツマミにはスイッチ式アッテネータを用いるなど徹底的に
低歪率再生を追求。SN比・歪特性・高安定度・大入力時の動特性など
諸特性を大幅に改善しています。

■入力インピーダンス3段、入力感度2段に切換え可能
■驚異的1,350mV(3mV感度)のPHONO最大許容入力
■バス・トレブルは左右独立、歪極小のステップアップ方
 式 ターンオーバー3段切換え、ディフィートも可能
■高耐入力マイクアンプ内蔵・・・本格ミキシングOK
■OCL回路のヘッドホンアンプ、テープモニタ2回路装備
(※1973年9月20日付AMPLIFIERカタログより)



添付ファイル: fileSU-10000spec.jpg 270件 [詳細] fileSU-10000_C01.jpg 269件 [詳細]
(HTML conversion costs 0.015 sec.)