リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
EAS-20PW09 
http://wiki.nothing.sh/1254.html

█ EAS-20PW09

Last-modified: 2012-01-11 (水) 18:37:15 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/1254.html / add to hatena bookmark - users / add to livedoor clip - users

Vintage Technics 愛好会/スピーカーユニット

Technics EAS-20PW09(旧名:8P-W1) 仕様

型番EAS-20PW09(旧名:8P-W1)
発売年 (発表年)1954年(S29※8P-W1の発表年)
価格3,900円('78時標準価格/一本)
形式20cmダブルコーン型(ゲンコツ)
最低共振周波数35Hz〜65Hz
再生周波数帯域50Hz〜16kHz
出力音圧レベル92dB
公称入力8W
インピーダンス
総重量1.26kg

※カタログデータ、ユーザー提供データより。

※下の表は1966年カタログデータ。

型番EAS-20PW09(旧名:8P-W1)
発売年 (発表年)1966年(S41)(※改名時)
価格3,200円(標準価格/一本)
形式20cmダブルコーン型(ゲンコツ)
許容入力8W
インピーダンス
再生周波数帯域40c/s〜16,000c/s
最低共振周波数40c/s〜65c/s
出力音圧レベル94dB
磁束密度10,500Gauss
総重量1.26kg

オーナー、元オーナーコメント

EAS-20PW09.jpg
EAS-20PW09_2.jpg
※1966年カタログデータ
EAS-20PW09spec1.jpg
※1966年カタログデータ
  • 1978年7月20日現在のカタログにて確認。 -- 平面蛙 2007-05-26 (土) 01:58:13
  • インピーダンス 8Ω 、最低共振周波数 35〜65Hz、重量 1260g -- JAZZTAXInagano? 2007-06-19 (火) 14:12:18
  • JAZZTAXInaganoさんの情報提供によりデータ追加。 -- 平面蛙 2007-06-20 (水) 05:36:39
  • Technicsカタログ博物館にも掲載してますが、Nationalブランドで発売、Panasonicブランド立ち上げ時の第一号製品、そしてTechnicsブランドへと驚異的な長寿ユニットでした。カタログを時系列で並べると微妙に数値や写真が違うこともあり微妙に同型番でマイナーチェンジされていた模様。画像の編集作業が終わったらカタログ写真を時系列にまとめてアップする予定。現在手元にあるカタログでは1984年まで存在を確認しています。それだけでも30年間・・・ -- 平面蛙 2007-06-28 (木) 01:52:56
  • 1966年のスピーカユニットカタログにて別数値が出ているので追加しました。 -- 平面蛙 2008-03-05 (水) 04:24:31
  • 愛称はゲンコツですね。 -- 郷ひろみ? 2012-01-11 (水) 18:37:14


添付ファイル: fileEAS-20PW09spec1.jpg 295件 [詳細] fileEAS-20PW09_2.jpg 296件 [詳細] fileEAS-20PW09.jpg 303件 [詳細]
(HTML conversion costs 0.018 sec.)