リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
Linux 
http://wiki.nothing.sh/1421.html

█ Linux

Last-modified: 2014-12-25 (木) 16:48:35 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/1421.html / add to hatena bookmark 1(1) users / add to livedoor clip - users

ディストロ別tips

Fedora

Fedora8 (x86)

  • 内蔵ビデオの場合、XGAまでしか表示できないのでグラフィカルインストーラが一部切れて表示される。見えない部分については心眼で見よ。
  • ※解決方法
    ■ # vi /etc/X11/xorg.conf でDeviceとScreenのセクションを以下のように編集

Section "Device"
Identifier "Videocard0"
Driver "vesa"
VideoRam 2048
BusID "PCI:5:0:0"
EndSection

Section "Screen"
Identifier "Screen0"
Device     "Videocard0"
DefaultDepth 16
SubSection "Display"
Viewport   0 0
Depth 16
EndSubSection
EndSection

4.# vi /etc/inittab により id:3:initdefault: の行の3を5に書き換えて:wqで保存する。
5.# rebootで再起動する。
6.グラフィカルログイン画面が出たら、とりあえずrootでログインする。
7.「システム」→「管理」→「ユーザーとグループ」を選ぶ
8.ユーザーを追加をクリックして、普段使うユーザを追加する。
9.rootをログアウトする。
10.8で作ったユーザでログイン。
11.このままだと文字が小さすぎるので、「システム」→「設定」→「ルック&フィール」→「外観の設定」を選ぶ。
12.「フォント」タブを選び、詳細をクリックする。
13.解像度を96ドット/インチに変更する。
14.以上で終了である。

Fedora8 (x86_64)

  • 内蔵ビデオの場合、XGAまでしか表示できないのでグラフィカルインストーラが一部切れて表示される。見えない部分については心眼で見よ。
  • その他、内蔵デバイス関連で問題なし。NVIDIA RAIDも普通に認識する。
  • X関連未検証。CUIベースでは目立った障害なし。
  • ビデオカードを増設すれば、現時点ではとりわけ目立った不具合は見あたらず

Fedora9 (i386)

  • 特に問題なし
  • その他、NVIDIA も普通に認識する。
  • ※追記求む

Fedora10 (x86_64)

  • 特に問題なし
  • 内臓VGA未検証
  • Sapphire製 ATI RadeonHD3450 256M ATIよりドライバダウンロードにより動作可能
  • ※追記求む

Debian

etch (x86_64)

  • インストールにはUSBキーボードが必要
    インストーラCDでブートおよびインストーラは起動するものの、PS/2キーボードでは起動後一切の操作が出来ないため、USBキーボードが必要。インストール終了後は問題なくPS/2キーボードが使える。
    • ML115に付いてきたキーボードでもインストールできた。(amd64版)

etch (i386)

  • netinstでインストールしたところ、キーボードは動作するが、X起動後マウスが利用できない。外付けUSBでは動作する。

vesaドライバ1024x768 depth 16でXは起動する。
以下、 /etc/X11/xorg.conf (ほぼexpertインストール時のまま、DefaultDepthのみ修正)

Section "Files"
       FontPath        "/usr/share/fonts/X11/misc"
       FontPath        "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc"
       FontPath        "/usr/share/fonts/X11/cyrillic"
       FontPath        "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/cyrillic"
       FontPath        "/usr/share/fonts/X11/100dpi/:unscaled"
       FontPath        "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/100dpi/:unscaled"
       FontPath        "/usr/share/fonts/X11/75dpi/:unscaled"
       FontPath        "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/75dpi/:unscaled"
       FontPath        "/usr/share/fonts/X11/Type1"
       FontPath        "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/Type1"
       FontPath        "/usr/share/fonts/X11/100dpi"
       FontPath        "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/100dpi"
       FontPath        "/usr/share/fonts/X11/75dpi"
       FontPath        "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/75dpi"
       # path to defoma fonts
       FontPath        "/var/lib/defoma/x-ttcidfont-conf.d/dirs/TrueType"
EndSection

Section "Module"
       Load    "i2c"
       Load    "bitmap"
       Load    "ddc"
       Load    "dri"
       Load    "extmod"
       Load    "freetype"
       Load    "glx"
       Load    "int10"
       Load    "vbe"
EndSection

Section "InputDevice"
       Identifier      "Generic Keyboard"
       Driver          "kbd"
       Option          "CoreKeyboard"
       Option          "XkbRules"      "xorg"
       Option          "XkbModel"      "jp106"
       Option          "XkbLayout"     "jp"
EndSection

Section "InputDevice"
       Identifier      "Configured Mouse"
       Driver          "mouse"
       Option          "CorePointer"
       Option          "Device"                "/dev/input/mice"
       Option          "Protocol"              "ImPS/2"
       Option          "Emulate3Buttons"       "true"
EndSection

Section "Device"
       Identifier      "Generic Video Card"
       Driver          "vesa"
       BusID           "PCI:5:0:0"
EndSection
Section "Monitor"
       Identifier      "Generic Monitor"
       Option          "DPMS"
       HorizSync       28-51
       VertRefresh     43-60
EndSection
Section "Screen"
       Identifier      "Default Screen"
       Device          "Generic Video Card"
       Monitor         "Generic Monitor"
       DefaultDepth    16
       SubSection "Display"
               Depth           1
               Modes           "1024x768" "800x600" "640x480"
       EndSubSection
       SubSection "Display"
               Depth           4
               Modes           "1024x768" "800x600" "640x480"
       EndSubSection
       SubSection "Display"
               Depth           8
               Modes           "1024x768" "800x600" "640x480"
       EndSubSection
       SubSection "Display"
               Depth           15
               Modes           "1024x768" "800x600" "640x480"
       EndSubSection
       SubSection "Display"
               Depth           16
               Modes           "1024x768" "800x600" "640x480"
       EndSubSection
       SubSection "Display"
               Depth           24
               Modes           "1024x768" "800x600" "640x480"
       EndSubSection
EndSection
Section "ServerLayout"
       Identifier      "Default Layout"
       Screen          "Default Screen"
       InputDevice     "Generic Keyboard"
       InputDevice     "Configured Mouse"
EndSection
Section "DRI"
       Mode    0666
EndSection

CentOS

CentOS - Wikipedia

  • なんかわかり次第てきとーに追加していく予定です。(自分用メモとしても)

CentOS 4.4 (x86_64)

CentOS 5 (x86_64)

  • 1024シリンダー内に/bootを作成した方が無難
  • powernow-k8-vcore_list-2.6.18.patchを当ててカーネルをリコンパイルする事によりCrystalCPUIDのような定格を無視した電圧設定が可能。低電圧動作も可。
    • 手順はx86_64版とほぼ同一。rpmパッケージ生成先が異なる程度。
  • mgaドライバ1024x768 depth 16でXは起動する。
    • 以下、 /etc/X11/xorg.conf
      # Xorg configuration created by system-config-display
      
      Section "ServerLayout"
              Identifier     "single head configuration"
              Screen      0  "Screen0" 0 0
              InputDevice    "Keyboard0" "CoreKeyboard"
      EndSection
      
      Section "InputDevice"
              Identifier  "Keyboard0"
              Driver      "kbd"
              Option      "XkbModel" "jp106"
              Option      "XkbLayout" "jp"
      EndSection
      
      Section "Device"
              Identifier  "Videocard0"
              Driver      "mga"
      EndSection
      
      Section "Screen"
              Identifier "Screen0"
              Device     "Videocard0"
              DefaultDepth     16
              SubSection "Display"
                      Viewport   0 0
                      Depth     24
                      Modes    "800x600"
              EndSubSection
              SubSection "Display"
                      Viewport   0 0
                      Depth     16
                      Modes    "1024x768"
              EndSubSection
      EndSection

CentOS 5 (i386)

1024シリンダー内に/bootを作成した方が無難

CentOS 5.2 (x86_64)

  • powernow-k8-vcore_list-2.6.18.patchを当ててカーネルをリコンパイルする事によりCrystalCPUIDのような定格を無視した電圧設定が可能。低電圧動作も可。
  1. kernelのsrc.rpm拾ってくる
  2. rpm -Uvhでkernelのsrc.rpmをインストール
  3. /usr/src/redhat/SPECS/kernel-2.6.specを編集
    1. パッチ定義部分に下記の行を追加。
      Patch99900: powernow-k8-vcore_list-2.6.18.patch
      こんな感じ。
      Patch22583: linux-2.6-net-randomize-udp-port-allocation.patch
      Patch22584: linux-2.6-ia64-properly-unregister-legacy-interrupts.patch
      Patch22585: linux-2.6-misc-signaling-msgrvc-should-not-pass-back-error.patch
      Patch22586: linux-2.6-ia64-softlock-prevent-endless-warnings-in-kdump.patch
      
      Patch99900: powernow-k8-vcore_list-2.6.18.patch
      
      # adds rhel version info to version.h
      Patch99990: linux-2.6-rhel-version-h.patch
      # empty final patch file to facilitate testing of kernel patches
      Patch99999: linux-kernel-test.patch
      
      # END OF PATCH DEFINITIONS
    2. パッチ実行部分の、Patch21483直前に下記の行を追加
      %patch99900 -p0
      こんな感じ
      %patch21478 -p1
      %patch21479 -p1
      %patch21480 -p1
      %patch21481 -p1
      %patch21482 -p1
      
      %patch99900 -p0
      
      %patch21483 -p1
      %patch21484 -p1
      %patch21485 -p1
  4. powernow-k8-vcore_list-2.6.18.patchを/usr/src/redhat/SOURCE/にコピー
  5. rpmbuild -bb /usr/src/redhat/SPECS/kernel-2.6.specでコンパイル及びrpmパッケージの作成を行う
  6. /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/以下にrpmパッケージが作成されているのでインストール
  7. /boot/grub/menu.lstを編集し、カーネルのパラメータにpowernow-k8.vcore_listを追加し、PowerNow!の周波数毎に任意の動作電圧を記述する
    下記の例では1.05V、1.05V、1.00V、0.825Vを定義している。
    kernel /vmlinuz-2.6.18-92.1.10.el5 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 powernow-k8.vcore_list=1050,1050,1000,825

Momonga Linux

Momonga Linux 4 (x86_64)

Radeon X600SE + VESAドライバだとXが起動せず

Vine Linux

Vine Linux 4.1 (i386)

  • 普通にインストール終了して再起動すると画面真っ暗でハングします。
  • フレームバッファを停止(オプションのvga=0x317を消す)とBoot画面が出ます。
  • でも、まだハングの原因は残っていて死ぬ間際に"Kernel option noapic"とか出るので
  • オプションでnoapicを追加すれば起動します。

Ubuntu Linux

Ubuntu 9.10(x86)

  • 特に問題なくインストールできた。
  • 8500GTもNVIDIAドライバでそのまま動いた。

Ubuntu 8.10(x86_64)

  • オンボードVGAでインストールする場合
    インストールCDブート時にf4キー→セーフグラフィックスモード(vga)を選択すれば、何とかインストールが可能。

そのままだと解像度が小さすぎて辛いので1024x768 16bit モードを使える様にする。

sudo gedit /etc/X11/xorg.conf

にて、以下を上書きコピペすると良い。

Section "Device"
      Identifier      "Generic Video Card"
      Driver          "vesa"
      BusID           "PCI:5:0:0"
EndSection

Section "Monitor"
      Identifier      "Generic Monitor"
      Option          "DPMS"
      HorizSync       28-51
      VertRefresh     43-60
EndSection

Section "Screen"
      Identifier      "Default Screen"
      Device          "Generic Video Card"
      Monitor         "Generic Monitor"
      DefaultDepth    16
      SubSection "Display"
              Depth           1
              Modes           "1024x768" "800x600" "640x480"
      EndSubSection
      SubSection "Display"
              Depth           4
              Modes           "1024x768" "800x600" "640x480"
      EndSubSection
      SubSection "Display"
              Depth           8
              Modes           "1024x768" "800x600" "640x480"
      EndSubSection
      SubSection "Display"
              Depth           15
              Modes           "1024x768" "800x600" "640x480"
      EndSubSection
      SubSection "Display"
              Depth           16
              Modes           "1024x768" "800x600" "640x480"
      EndSubSection
      SubSection "Display"
              Depth           24
              Modes           "1024x768" "800x600" "640x480"
      EndSubSection
EndSection

で、リブートすれば1024x768 16bitが使えるようになっているはず。
万が一失敗した場合

sudo dpkg-reconfigure -phigh xserver-xorg

とやれば元に戻せる(たぶん)

参考thx:etch (i386) の設定

Ubuntu 8.04.1(x86_64) Server

  • 特に問題なくインストールできた。
  • Powernow/Cool'n'QuietはBIOSでpowernow!をenableにした後
    sudo modprobe powernow-k8
    sudo apt-get install powernowd
    sudo apt-get install cpufrequtils
    で問題なく動作。

Ubuntu 8.04.1

  • 特に問題なくインストールできた。

Ubuntu 8.04 β(x86) Desktop

  • 特に問題もなくインストールできた。
    • が、2つ以上のNICが有効になっているとネットワークが繋がらない事もあるかも(インスト時にもこける恐れあり)

Ubuntu 7.10(x86_64) Server

  • 特に問題もなくインストールできた。

Ubuntu 7.10(x86_64) Desktop

  • ATI Radeon X600 SE 128MB DDR刺してメモリを4GB積んでるとインスコ時にブラックアウトで失敗する。早くオンボードVGAを無効にできるBIOS出してくれ…>hp

Ubuntu 7.10(x86_64) Alternate

  • テキストモードで特に問題もなくインストールできた。
    • ミラーを検査しています…。40% で止まる場合、LANをインターネット回線に接続しておく必要がある。

Ubuntu 7.10(x86) Alternate

  • 特に問題もなくインストールできた。
  • 以下のPackageでCPUとHDDの温度表示できた。
    • sensors-applet:Gnomeの温度表示アプレット
    • lm-sensors,libsensors3:CPU の温度取得
    • hddtemp:HDDのS.M.A.R.Tから温度取得
  • サスペンドは無視されてスクリーンロック状態になる。
  • ハイバネーションはwarningが出力されるが可能?(たまたま上手くできただけかも)

Ubuntu 7.10(x86) 日本語ローカライズ版

  • GF7800GT、GF6600GE共に、メモリ4GB で特に問題もなくGUIインストールできた。
    • ありがちだけど、CDブート時にネットワーク設定ついでにホスト名を変更すると各種アプリ(デスクトップにあるインストーラ含む)が立ち上がらなくなるというドツボにはまるので要注意。ホスト名は「ubuntu」のままにしておきましょう。後で変更できます。
    • Radeon X600SE 刺すとフリーズしまくる。

Ubuntu 7.04(x86_64) Server

  • 特に問題もなくインストールできた。

Ubuntu 7.04(x86) desktop

Ubuntu 6.06 LTS Server Edition (x86_64)

  • USB DVDドライブからブート後、USBキーボードでCUIにてインストール。特に問題なく作業完了。
  • Powernow/Cool'n'Quiet がそのままでは動作しない模様。
    AMD公式のモジュール(powernow-k8)に gentoo linux forum から取ってきたパッチを当てて、カーネルリビルドで入るらしい。詳細その1詳細その2

Gentoo Linux

Gentoo Linux 2008.0 (x86)

  • minimalCDから新規インストールで問題なし。
  • やっぱりハードウェアクロックの同期でつまづくことがあるので、下記を参考に /etc/conf.d/clock を編集する。

Gentoo Linux 2007.0 (x86)

  • 特に問題なくインストール出来た。と言っても当然minimalからCUIインストールで。
  • splashutilsは普通にOK。オンボードでも、vesafbで 800x600-16@60 なら問題なし。
  • 最適化は程々に。とくに-ffast-mathとか立てると死ねるので注意。
  • ハードウェアクロック合わせがgenkernelデフォルトの設定だとタイムアウトする。面倒なら /etc/conf.d/clock を次のように編集して、 /dev/rtc を使わずISAを直接叩く。
     # If you wish to pass any other arguments to hwclock during bootup,

(HTML conversion costs 0.018 sec.)