リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
K240S 
http://wiki.nothing.sh/1228.html

█ K240S

Last-modified: 2012-09-06 (木) 16:59:48 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/1228.html / add to hatena bookmark - users / add to livedoor clip - users

今日- 昨日-

製品紹介

http://www.harman-japan.co.jp/product/akg/k141_k240.html

k240_ph.jpg

上品な高音と柔らかい低音とナチュラルな中域のバランス型。
AKGのヘッドホンの中ではもっとも快適な着け心地で、
長時間聞いても疲れない装着感と音を備えている。
音場感は豊かで、セミオープン型の長所を感じることが出来る。
どちらかと言えばクラシック向けで、
弦楽器の表情を美しく聞かせる。
ギターやボーカルとの相性も良い。
意外にジャズやR&Bに合うとの意見もある。
基本的にはノリのよさで聞かせるタイプのヘッドホンではない。
音漏れはセミオープンなので若干多め。
パットは柔らかく快適だが、素材の関係上やや蒸れが起こる。
コストパフォーマンスは高い。
黒と金色のデザインは好みが分かれるところだが、
実物は落ち着いた品のある雰囲気でオーストリア製品らしいデザインと言えるだろう。
本格的なAKGサウンド入門機としても、
一生の相棒としても適している間口の広さが魅力。

コメントをどうぞ

  • とろけるようなギターの音が絶品です。ぜひ御一聴を。 -- 2007-05-23 (水) 04:47:07
  • 音質・使い勝手・デザイン・CP、どれをとっても素晴らしい。ニカ系も合う。 -- !? 2007-05-23 (水) 19:21:03
  • オーテクに慣れた自分には、着け心地がかなり悪く感じる。硬くてキツイ -- 2007-06-16 (土) 02:48:33
  • しっかりエージングしないと低音がボンボンします。 -- 2007-10-21 (日) 14:40:58


添付ファイル: filek240_ph.jpg 372件 [詳細]
(HTML conversion costs 0.014 sec.)