リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
KSC75 
http://wiki.nothing.sh/297.html

█ KSC75

Last-modified: 2011-01-24 (月) 21:51:52 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/297.html / add to hatena bookmark - users / add to livedoor clip - users

今日- 昨日-

ヘッドホンスレ/COOLな耳掛けヘッドフォン

KOSS社の耳掛け型ヘッドホン
低音にパワーがありそれ故耳掛けヘッドホンでは唯一無二の存在とされ
耳掛けにしては大型のドライバーが風圧とも感じられる低音の鳴りと
低音によって厚みを増した中音、開放型なりの自然な高音の伸びを聴かせ、
低音が強めのバランス型と評される事も。
弦楽器や女性ボーカルの表現には同社の代表的ヘッドホンPortaPro
譲りの艶かしさが感じられる。
高音域のキツさが無く、マイルドで全体的に迫力がありノリがよく
聴き疲れず、また、歩行、走行中の風切り音が少ないと言う特性もある。
値段が間違っているとすら思える。安価系ではトップクラス。

しかし、魅力的な音色の反面「間違った未来的」、「スカシカシパンぽい」
「安臭い」と言われる異様でチープな外見と開放型の中でもとくに大きい
音漏れがKSC75のマイナスポイントとなっている。

KSC75とATH-EQ88とはCPが非常に高く低価格帯での定番とされ
高音域と伸びの良さでEQ-88、低音も聴ける耳掛けとしてKSC75という
位置づけになっているようだ。
どちらも懸け心地はソフトだがフィット感ではEQ88に軍配が上がるだろうか。
勘違い君がスレに湧いたので追記するが、あくまでもダントツなのは(勿論EQ88も並んで)
安価な耳掛けでの間のこと。卑下する訳ではないが、総合力では高級耳掛けとの間に
超えられない壁は存在する。繰り返すが低音は耳掛けでは多分トップ。

誰かがKSC75を指して「やたらに安いのに妙に美味い酒」と例えていたが
なるほど、と思わせられる例えだ。


(HTML conversion costs 0.016 sec.)