リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
ATH-CK10 
http://wiki.nothing.sh/2281.html

█ ATH-CK10

Last-modified: 2012-08-06 (月) 13:19:33 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/2281.html / add to hatena bookmark - users / add to livedoor clip - users

今日- 昨日-
シャリにこだわった寿司屋もといヘッドホンイヤホンメーカーの
audiotechnicaの上位カナル型2ウェイ2ドライバーイヤホン。

オーテクらしい高音のチューニングで少しシャリシャリしている。いわゆる変態高音。
繊細な音だが耳に刺さる成分が多いのか、サ行がキツいことがよくある。
中低音は大人しめだが、極端に量が少ないわけではなくノリよく聴ける。
低音も高音も硬い質感の音で、精密さはあるが原音忠実度はあまり高いとは言えない。

ドライバはKnowles社製のTWFKというBA。
同じドライバのq-JAYSとかUE700と似た音を出す。
CK10はこの中でも最も高音が強い。まさしく変態。

装着感は良い。
標準がシュア掛けなのでタッチノイズは少なく、遮音性も国産カナルの中では高い。
逆に通常のイヤホンの掛け方にはやや難あり。
ステンレスのハウジングは綺麗だが、傷つきやすいので注意。

得意ジャンルはポップス、テクノ。
オーテク好きはテクノの電子音で昇天できる。
ピコピコ鳴らす音はck10のシャリつきとベストマッチしてエジャキレーション出来る。

この機種はER-4Sの交換用フィルターが流用できる。
とはいえ交換したら保証とかは効かなくなるだろうから注意!
フィルターを変えると変態度が下がるようだ。つまり高域がおとなしくなる。


(HTML conversion costs 0.014 sec.)