リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
ソフトウェア 
http://wiki.nothing.sh/874.html

█ ソフトウェア

Last-modified: 2015-01-11 (日) 21:39:27 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/874.html / add to hatena bookmark 0 users / add to livedoor clip - users

ソフトウェア

ファームウェアアップデート情報
・HDLMシリーズ RAIDファームウェア

ダウンロードサイト

■ → Ver.2.06(2005/08/02)
アクティブリペア対応。

・HDLMシリーズファームウェア(NASファームウェア)

ダウンロードサイト

■Ver.1.53M02 → Ver.1.53M03(2006/10/31)
・スケジュールアクティブリペア機能を追加。
(RAIDファームをVer2.06以降へアップデートする必要があります)
・SMTPポート番号変更機能を追加。
・WEB設定画面からのシステム再起動に対応。
・共有の変更機能でドメイングループ・ドメインユーザへオーナー変更した場合に、共有へアクセス出来なくなる場合がある件を修正 (新規作成は問題なし)。
・スペースを含むドメイングループへのクォータ設定が反映されない場合がある件を修正。
・スペースを含むドメイングループの共有に対して、共有名やコメントの変更を行うと、共有へアクセス出来なくなる場合がある件を修正。

■Ver.1.53M01 → Ver.1.53M02(2005/10/12)
・オンラインマニュアルにHDLM-400Uについての記載を追加しました。
・オンラインマニュアルへのリンクを一部修正しました。
・システムログメール転送機能の動作安定性を向上しました。

■Ver.1.51M03 → Ver.1.53M01(2005/08/02)
・アクティブリペア機能を追加。(RAIDファームをVer2.06以降へアップデートする必要があります。)
・フォーマット実行時のシステム予約領域のサイズを変更。
・EHLO を受け付けない SMTP サーバに対応。
・UPS 接続時にチェックディスクに失敗する場合がある件の修正。
・AVeL LinkServer?機能が有効な場合、ブラウザでシステムファイルがブラウズできないように修正。
・FATドライブへのバックアップ実行時、__backup__フォルダが存在しない場合自動的にフォルダを作成するように修正。
・Macintoshでアプリケーションを使用する際のファイルの操作性の改善。
・Macintoshより暗号化パスワード認証が行えるように機能追加。

■ → Ver.1.51M03(2005/04/14)
・ユーザ・グループごとのディスク使用量制限機能を追加しました。
・設定したディスク使用量制限に近づくと警告メールで通知する機能を追加しました。
・メール通知機能で複数のメール宛先指定が可能になりました。
・バックアップ機能の動作安定性を向上しました。

■ → Ver.1.51M02(2005/03/11)
・web設定画面の安定性を向上しました。

■ → Ver.1.51M01(2005/02/10)
・ユーザ・グループ・共有一覧表示画面を追加しました。
・Windows共有フォルダ のアクセスログをシステムログに出力する機能の追加しました。
・共有属性の変更画面でNT ドメインユーザ・グループを選択できない問題を修正しました。
・メール送信で文字化けが起きる場合がある問題を修正しました。
・メール送信時に送信日付が1ヶ月ずれる問題を修正しました。
・AppleShare? 共有で不安定になる場合がある問題を修正しました。

■ → Ver.1.50M02(2005/01/05)
・環境によりNASファームウェアアップデートに失敗する場合がある問題に対応しました。
・AVeL LinkPlayer2シリーズに対応しました。
・RICOH社「IPSiO Gシリーズ」プリントモニターに対応しました(Windowsのみ)。
・RAIDドライブの履歴管理機能に対応しました。
 内蔵RAIDドライブの交換によってバックアップ運用を行う場合に、外付けUSB-HDD(EasyDisk?など)にドライブ名称や最終シャットダウン時刻などの情報を記録し、バックアップドライブの一覧表示機能や、復旧時に誤ってリビルドを行ってし まうなどの誤操作を防止する機能を追加しました。
・設定メニューをわかりやすくグループ化しました。
 「高度な設定」メニューが雑然としてわかりにくいため、整理しグループ化しました。
・「工場出荷時設定に戻す」メニューにディスクの完全消去オプションを追加。
 これまでは論理フォーマットを行うのみでしたが、ユーザデータ領域を完全に消去します。
・以前使用していた外付けUSBハードディスク(専用フォーマット)からデータの取り出しが「ディスク」-「データの取り出し」メニューより行えるようになりました。
・デジカメ・EasyDisk?コピー機能で、コピーに失敗する場合がある問題を修正しました。
・USBコピー機能のコピー先に8文字以上の共有フォルダ名が使えない問題の修正をしました。

■ → Ver.1.42M02(2004/11/12)
・Sambaのセキュリティアップデートを行いました。
・WindowsXP SP2 でプリンタが使用できない場合がある件を修正しました。
・ユーザの一括追加機能でグループの指定機能を追加。
・APC社のUPSに対応。
・共有設定の変更機能を追加。
・ユーザの一括追加機能で使用できない文字が指定できる問題を修正しました。
・MacOSでセレクタのサーバ一覧に表示されない場合がある問題を修正しました。


(HTML conversion costs 0.018 sec.)