リロード | 新規新規 編集編集 差分差分 添付添付 バックアップバックアップ | 一覧 検索 最終更新 凍結 複製 改名 | ヘルプ | 最終更新のRSS |

 
wiki入門 
http://wiki.nothing.sh/3615.html

█ wiki入門

Last-modified: 2017-01-11 (水) 10:58:09 / Short URL: http://wiki.nothing.sh/3615.html / add to hatena bookmark 0 users / add to livedoor clip - users

wiki@nothingの入門のまとめです。

目次

 
 

ファイルをアップロードして、みんなに配りたいんだけど、そんなことできるの?

回答
ページに対してファイルを添付する機能があります。 ページ下部にあるアイコン『』をクリックすることにより、添付ファイルのアップロードページに移ります。

また、attachプラグインを利用することによって、任意の場所にアップロードフォームを表示することが可能です

#attach

と行頭から記述することによりフォームが表示されます。ここからファイルをアップロードします。

フォームからアップロードした添付ファイルをそのページの任意の位置からダウンロードできるようにするには、ページの任意の位置にrefプラグインをページに記述します。

#ref(添付ファイル名)   または   &ref(添付ファイル名);

#refの場合は行頭に単独で記述します。

&refの場合は文中で使えます。

リンクバナーを貼りたい

回答
初級編

[[画像のURL>ウェブのURL]]

[[http://pukiwiki.sourceforge.jp/image/pukiwiki.png>http://pukiwiki.sourceforge.jp/]]

これがいちばん簡単なリンクバナーの貼り方です。書き方も直感的でわかりやすいです。

上級編

[[&ref(画像のURL,nolink,ウェブ名);>ウェブのURL]]

[[&ref(http://pukiwiki.sourceforge.jp/image/pukiwiki.png,nolink,PukiWikiオフィシャルサイト);>http://pukiwiki.sourceforge.jp/]]

refプラグインを使った場合、画像の上にカーソルを持っていたときにウェブ名を表示することができます。

この方法は、PukiWiki 1.4からできるようになりました。

新しいページを作る

新しいページを作る方法は二つあります。

ひとつは、既にあるページにBracketNameやWikiNameを記述して、できたリンクから編集画面に移動する方法。

もうひとつは、「ページ新規作成」にページ名を入力して編集画面に移る方法です。

その1
リンク元となるページにBracketName、WikiNameを記述し、ページの更新を行います
先ほど記述したBracketName、WikiNameがページとして存在していない場合は新規ページとしての入り口となる「?」のリンクがつくので、「?」をクリック
ページ編集の画面になるので、適当に記述してページの更新を行うとページが作成されます

その2
ページ上部にある「新規」というリンクをクリックして、「ページ新規作成」へ移動します。フォームに、作りたいページの名前を入力して、&button{編集}; をクリックします。
入力されたページ名がすでにあればそのページが表示され、なければ編集画面が表示されます。編集画面で、適当に記述してページの更新を行うとページが作成されます。

すでにあるページをさがすにはどうしたらいいのですか?

回答

  • ページ名がはっきりわかっているとき
    「新規」の入力フォームにそのページ名を入力する
    →ページが表示されたらページは存在する
    →ページが編集状態となったらページはまだ存在しない (※半角・全角を覚え間違えているとこうなります)
  • ページ名の一部がわかっているとき、うろ覚えのとき
    単語検索のフォームから検索してみる
    一覧を表示させた後、うろおぼえのキーワードでページ内検索(※ブラウザの機能)をかけてみる
    一覧で地道に探す

すでにあるページの文章の中から新しいページを作る

すでにあるページで編集画面に移り、ページ名にしたい語句の前後をBracket(?)で括ることにより、ページ名へのリンクとなります。

[[任意のコトバ]]

このような形で記述したものをBracketNameと呼びます。

すでにあるページを見本に新しいページを作る

回答
見本にしたいページに移動して、ページ下にあるアイコンメニューの『』をクリックすると、新しく作成するページ名の入力画面になります。
このとき、ページのどの部分を見本にするか範囲を指定することができます。新しく作るページ名と見本の範囲を指定して、&button{作成};をクリックすると、新しく作るページの編集画面になります。

間違ってページの一部を消してしまった。元に戻したい。

回答
ページ上部のメニューの「差分」をクリックすると、直前の変更前の文章との差分を表示します。赤字が削除された行です。直前の状態に戻すには、編集画面でPasteしてください。

コメントを書いてもらいたいんだけど…

コメントプラグインを使用してください

#comment

と行頭から記述することによりコメント入力フォームが表示されるようになります

また、コメントの過去ログを別ページに記録していくタイプのpcommentプラグインもあります。

#pcomment

行頭で#pcommentを記述すると、コメントを挿入するためのフォームが埋め込まれます。#commentとは異なり、コメントは別ページに記録されます。また、コメントに対するレスポンスを階層状に表示します。

#pcommentは、他のブロック要素の子要素になることができますが、トップレベルに設置することを前提に左マージンを設定してありますので、他のブロック要素の子要素にはしないでください。

#pcommentは、他のブロック要素を子要素にすることはできません。

表組み

|インライン要素|インライン要素|

行頭から | でインライン要素を区切ることで表組みになります。

  • 各要素の先頭に下記の記述子を指定できます。
    LEFT:
    CENTER:
    RIGHT:
    BGCOLOR(色):
    COLOR(色):
    SIZE(サイズ):
    • 要素の表示位置及び背景色・文字色・文字サイズ(px単位)を指定します。デフォルトはセンタリングされます。
    表組みの各セルの要素の配置に関するサンプル
    左寄せセンタリング右寄せ
    右寄せ左寄せセンタリング
  • 行末にcを記述すると、書式指定行となります。書式指定行では、次の記述子が指定できます。
    LEFT:
    CENTER:
    RIGHT:
    BGCOLOR(色):
    COLOR(色):
    SIZE(サイズ):
    • 記述子の後ろに数値を記述すると、セル幅がpx単位で指定できます。
  • 行末にhを記述すると、ヘッダ行(thead)になります。
  • 行末にfを記述すると、フッタ行(tfoot)になります。

Wikiの短いアドレス

基本的に PukiWiki では、ページの名前の長さに比例してアドレスも長くなってしまいます。
wiki@nothing では、短い URL も用意しています。
Short URL:をコピーして使用してください。(ページの上部のタイトルの下にある)

注釈

((インライン要素))

行中でインライン要素を((と))ではさむと、注釈が作成され、行中に注釈へのリンクが貼られます。注釈文の中では注釈を使用できません(ネストはできません)。

  • 注釈は、他のインライン要素の子要素になることができます。親要素は注釈文ではなく、注釈へのリンクに反映されます。
  • 注釈は、他のインライン要素を子要素にすることができます。子要素は注釈文に反映されます。

他のページに添付した画像ファイルを貼り付けたい

回答
refプラグインで可能です。

#ref(ファイル名,ページ名,left,nowrap,画像)

または

#ref(ページ名/ファイル名,left,nowrap,画像)

CSV形式の表組み

,データ,データ,…

行頭でカンマ(.)を記述し、インライン要素をカンマ区切りで記述すると表組みになります。

  • インライン要素はダブルクォーテーション(")で囲むことができます。ダブルクォーテーションで囲むことで、カンマ(,)を含むインライン要素を記述できます。
  • ダブルクォーテーション(")で囲んだデータの中で、ダブルクォーテーションを2つ("")続けることで、ダブルクォーテーション(")を含むインライン要素を記述できます。
  • インライン要素の代わりにイコールを2つ(==)記述すると、colspanを意味します。
  • インライン要素の左に1つ以上の半角空白文字を記述すると右寄せに、インライン要素の左右に1つ以上の半角空白文字を記述するとセンタリングになります。
  • 表組みは、他のブロック要素の子要素になることができます。
  • 表組みは、他のブロック要素を子要素にすることができません。

ルビ構造

&ruby(ルビ){インライン要素};

行中で&rubyを書くとインライン要素に対するルビをふることができます。ルビに対応していないブラウザではルビが本文中に ( と ) に囲まれて表示されます。


(HTML conversion costs 0.020 sec.)